Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ブログ炎上で18人を立件、「評価する」が47%〜ニコ動調査


 ニワンゴが運営する「ニコニコ動画(ββ)」は9日、「ブログ炎上で18人書類送検」に関する調査結果を発表した。調査は、動画視聴中の全ユーザーへ同時刻に情報を配信できる「ニコ割」を利用した「ニコ割アンケート」で6日の夜8時30分に実施。約260秒間で、6万106人から回答を得た。

 今回の調査は、お笑い芸人のブログに根拠のない誹謗・中傷をコメントし続けた男女18人に対して、警視庁中野署が名誉毀損容疑で書類送検する方針を固めたとする報道を受けて実施したものだ。調査によれば、報道を「知っていた」ユーザーは69%で、最初に知ったメディアは「テレビ」「ニュースサイト」がともに32%でトップだった。

 ネットで“炎上”を見かけたことがあるかを尋ねたところ、「ない」が44%でトップだった。次いで、「たまにある」が27%、「1、2度ある」が17%など。見かける炎上で多いものは、「見たことがない」の36%を除けば、「炎上している側に原因があるが、中傷や攻撃が度を越している」が35%で最も多かった。

 今回、18人を一斉摘発したことについて、警視庁は「匿名を背景にエスカレートするネット上の“暴力”に歯止めをかける狙いがある」としているが、この方針については、「評価する」が47%、「どちらともいえない」が39%、「評価しない」が14%だった。

 ネット上の「犯罪予告」や「対象者の個人情報の公開」などの書き込みを警察が取り締まることについては、「取り締まったほうがいい」が78%を占めた。また、今回の立件では、「根拠のない中傷を、長期間繰り返した」ことが焦点になっているが、これについて尋ねたところ、「根拠があっても、中傷を繰り返してはいけない」が48%で最も多かった。次いで、「根拠があったとしても、1回でも中傷をしてはいけない」が26%、「根拠があれば、1回ぐらい中傷してもよい」が15%など。

 このほか、ニコニコ動画でも、攻撃的なコメントが問題になることがあるが、動画投稿者に対する中傷コメントについては、「運営が対応すべきで、警察がやるべきではない」が65%で最も多かった。次いで、「ひどいものは警察が取り締まってもよい」が29%、「言論の自由を尊重して、警察も運営も取り締まってはいけない」が8%となった。また、動画作品の内容を批判しているコメントについても、「運営が対応すべきで、警察がやるべきではない」が65%でトップ。全く関係のないコメントを繰り返したり、見ている人が不快になるようなコメントをする行為についても、「運営が対応すべき」が73%でトップだった。


関連情報

URL
  特別アンケート「ブログ炎上で18人書類送検について」
  http://www.nicovideo.jp/static/enquete/n/20090206.html

関連記事
「10年間ネットで中傷被害」スマイリーキクチがブログで事件経緯(2009/02/06)
お笑い芸人をブログで中傷、男女18人を名誉毀損容疑で立件へ(2009/02/05)


( 野津 誠 )
2009/02/09 13:37

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.