Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「Adobe Reader 9.1」「Acrobat 9.1」公開、深刻な脆弱性を修正


Adobe Reader 9.1
 Adobe Systemsは10日、深刻な脆弱性を修正した「Adobe Reader 9.1」と「Acrobat 9.1」を公開した。現在、Windows Vista、Windows XP SP2/SP3、Windows Server 2008/2003、Windows 2000 SP4(Adobe Readerのみ)に対応したWindows版と、Mac OS X 10.4.11〜10.5.5に対応したMac版を同社サイトよりダウンロードできる。追って、Unix版も3月25日までに公開する予定だ。

 この脆弱性は、Adobe Systemsがすでに2月19日付のセキュリティアドバイザリで存在を公表し、注意を呼び掛けていたもの。細工が施されたPDFファイルなどを開くことで、アプリケーションのクラッシュが引き起こされ、攻撃者によりシステムを操作される恐れがある。リモートからも悪用可能で、すでに悪用された攻撃の報告もあるという。深刻度は4段階中で最も高い“Critical”とレーティングされており、ユーザーに対してアップデートを推奨している。

 なお、この脆弱性は、Adobe Reader 9およびAcrobat 9 Standard/Pro/Pro Extendedだけでなく、それ以前のバージョンにも影響する。Adobe Systemsでは、旧バージョンであるAdobe Reader 8/7およびAcrobat 8/7についても、3月18日までにアップデートを提供する予定だ。それまでの対策として、ウイルス対策ソフトベンダーなどから発表されている情報を、Adobe Product Security Incident Response Teamの公式ブログで紹介している。


関連情報

URL
  Adobe Systemsのセキュリティアドバイザリ(英文)
  http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb09-03.html
  Adobe Product Security Incident Response Team公式ブログ(英文)
  http://blogs.adobe.com/psirt/
  リリースノート(英文)
  http://kb.adobe.com/selfservice/viewContent.do?externalId=kb408814&sliceId=2

関連記事
Adobe Reader/Acrobatに新たな脆弱性、Adobeがアドバイザリを公開(2009/02/20)
ExcelとAdobe Reader/Acrobatの脆弱性、ユーザーの取るべき対策は(2009/02/26)


( 永沢 茂 )
2009/03/11 14:02

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.