Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

「MySpace」が3Dアバターサービス開始、夏には海外展開も

ゴスロリなど日本のサブカルチャーを世界に発信

MySpace Japan Official Avatarの例
 マイスペースは22日、SNS「MySpace」にて3Dアバターサービス「MySpace Japan Official Avatar」を開始した。基本利用は無料で、アバターのアイテムを有料販売する。

 「MySpace Japan Official Avatar」は、「MySpaceアプリ」として提供され、ユーザーの「マイアプリ」にデフォルトで設置済み。初期状態は、アバター未登録になっており、アバター作成ページで登録を行う。

 アバターは7等身スタイルで、アクションを設定し、動きを付けたり、向きを変えることもできる。登録時に初期アイテムとして顔や髪型、服装が用意されるほか、アイテムショップページで無料アイテムや有料アイテム(40円〜)を入手できる。アイテム総数は2000種類以上。決済はクレジットカードとWebMoneyに対応する。

 作成したアバターは、ユーザーのプロフィールページに表示できる。アバターの表示は「全身」「上半身」「顔アップ」を選べるほか、コメントや「拍手」を送ることも可能。多く拍手されたアバターは、「MySpace Japan Official Avatar」のトップページでランキング表示される。また、フレンドのアバターも表示され、当該ユーザーのプロフィールページにリンクする。このほか、アバターは携帯電話向けの「MySpaceモバイル」でも表示できる。


5月以降はプロフィール写真にもアバターを表示可能 3Dアバターショップ

アイテムショップ アバターが付けているアイテムを確認できるMyコーディネート

MySpaceアプリを新しい経済圏に

左から、Anyの畑野仁一代表取締役CEO、マイスペースの大蘿淳司代表取締役社長、エイチアイの川端一生代表取締役兼CEO
 「MySpace Japan Official Avatar」は、MySpace上でアプリケーションを公開できる「MySpace Developer Platform」を通じて提供するもの。マイスペースでは、3Dアバターサービスを提供する株式会社Anyと業務提携し、日本のユーザー向けに公式アバターの提供を開始した。今夏をめどに海外展開も図るという。

 マイスペースの大蘿淳司代表取締役社長は、「MySpace Developer Platform」について、「MySpaceアプリを貼ると、フレンドへ新着情報として通知される。良いアプリであれば、特に宣伝をしなくてもシステム的にフレンドのネットワーク上を伝播するためモメンタム効果が生まれる」と説明。「ターゲットは全世界2億人以上のMySpaceユーザーであり、収益機会も得られるほか、OpenSocialに対応する他のサービスにアプリを移植することも容易」とした。

 2009年4月現在、「MySpace」は世界31カ国で提供されており、ユニークユーザー数は2億人以上。「MySpaceアプリ」の公開アプリ数は8325点で、そのうちの50%がゲーム系、20%がコミュニケーション系だ。全アプリの累計インストール数は1億7000万件。最もインストールされているアプリは、育成型RPG「MOBSTERS」で1345万件に上る。「MOBSTERS」はアイテム課金を採用しており、収益は月間数千万円になるという。「MySpaceのアプリプラットフォームは、ゲーム系では世界で一番利用されている」。

 また、スクウェア・エニックスが「MySpace Developer Platform」を通じてカジュアルゲームの配信を開始したことに触れ、「大手ゲーム会社にもMySpaceをゲームプラットフォームとして活用いただいている」と説明。「MySpaceアプリは、単にユーザー数を増やすだけでなく、収益へ結び付けることも可能であり、新しい経済圏になりたい。その一歩として、まず日本でAnyと3Dアバターサービスを開始する」とした。アバターに着目した理由については、「ゴスロリファッションなど日本のサブカルチャーに世界中が興味を持っている。そういったものを売り込むにはアバターが合っていると考えた。アバターを通じて、日本の文化を世界に発信したい」と述べた。


モメンタム効果で短期間にアプリを広めることが可能 「MOBSTERS」海外のアプリで、マフィアの世界を舞台にしたRPG

国産SNSもAPIやインターフェイスを公開すべき

主なソーシャルプラットフォーム
 株式会社Anyの畑野仁一代表取締役CEOは、SNS上でアプリを提供するソーシャルアプリケーションについて説明した。ソーシャルアプリケーションを展開できる代表的なプラットフォームとしては、2007年11月にGoogleが発表した「OpenSocial」や、SNS「Facebook」に特化した「Facebook Platform」がある。

 畑野氏は、「海外ではソーシャルプラットフォームが広まっているが、日本では流行っていない」と話す。その理由として、「日本のSNSはAPIやインターフェイスを公開しないクローズ型が主流。サードパーティーが自由に参入できないため、コンテンツが充実していかない」と述べた。「クローズ型のSNSでは成長に限界がある。ユーザーはSNS事業者からのみ与えられるコンテンツ・機能に飽きている。海外の事例のように、日本のSNSもプラットフォームを開放し、サードパーティ−のコンテンツを増やすべき」とした。

 Anyは、各SNSのソーシャルプラットフォームへアプリを提供する「ソーシャルアプリケーションプロバイダー」として、3DアバターのシステムをASP化して提供する。他のソーシャルアプリとの違いは、アプリによって得た収益を、ソーシャルプラットフォーム側とシェアする点だ。これにより、「ソーシャルプラットフォームとWin-Winの関係を築く」。なお、Anyの3Dアバターサービスは、楽天が提供する自己紹介サイト「前略プロフィール」にも提供している。3Dアバターの技術面では、株式会社エイチアイが協力。同社の川端一生代表取締役兼CEOは、提供しているアバターシステムについて説明し、「サーバー上でレンダリングを行う部分を担当している。大量のデータ処理に対応できるため、世界展開も可能」と述べた。


日本のソーシャルプラットフォーム 3Dアバターアプリのビジネスモデル

関連情報

URL
  MySpace Japan Official Avatar
  http://jp.myspace.com/3d_avatar

関連記事
「脳内メーカー」のような国産アプリを「MySpace」に乗せて全世界へ(2008/03/27)


( 野津 誠 )
2009/04/22 19:02

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.