Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

MS、海賊版防止策を「Windows Activation Technologies」に改名


 米Microsoftは7日、これまで「Windows Genuine Advantage」と呼ばれてきた海賊版防止策を、Windows Vista以降のバージョンでは「Windows Activation Technologies」と改名すると発表した。なお、Windows XPでは、引き続き「Windows Genuine Advantage」としてアップデートを続ける。

 改名の理由として、Windows Vistaでは海賊版防止策に多くの新技術が投入されたことを挙げている。例えば、海賊版防止策を回避したり、不正行為をしようとする試みを探知する仕組みなどが導入されている。これまでよりも海賊版が作成しにくくなり、Microsoftでは実際、海賊版Windows Vistaの減少を観測しているという。この技術は、Windows 7以降にも引き継がれ、改良を続ける。

 Windows 7でも細かい部分で改良されている。Windows Vista SP1でログイン中にアクティベーションが行われない場合、定期的にプロンプト画面が表示される。この画面ではアクティベーションを即座に行うか、後で行うかを選択できるが、後で行うことを選択するボタンは15秒間グレーアウトされる。

 Microsoftでは、多くの顧客からこの15秒が迷惑だとの指摘を受けたため、Windows 7ではこれを改良した。ただ単にグレーアウトする代わりに、アクティベーションを行って正規のWindowsかどうかを判別することがなぜ重要なのかをダイアログボックスで表示するようにし、より多くの情報を提供し、かつユーザーがすぐに元の作業に戻れるようにしたとしている。

 Microsoftでは、海賊版がユーザーエクスペリエンスを損なうだけでなく、ウイルスなどのマルウェアに感染するリスクも負うことを指摘し、大規模な海賊版摘発や啓発活動を展開している。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.microsoft.com/presspass/features/2009/May09/05-07Piracy.mspx

関連記事
Microsoft、海賊版利用者への罰則などをVista SP1で見直し(2007/12/05)
ヤフオクで買ったWindowsが偽物だったら〜MSが電話相談受け付け(2008/12/04)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2009/05/08 11:43

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.