記事検索

OpenOffice.org用「日本語環境改善拡張機能」公開


 OpenOffice.org日本ユーザー会は6月29日、オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」の書式設定を改善する「日本語環境改善拡張機能」をリリースしたと発表した。OpenOffice.org 日本ユーザー会 ドキュメントプロジェクトのWebサイトからダウンロードできる。

 OpenOffice.orgは、Microsoft Officeとの相互運用性を重視した無償のオフィススイート。今回発表された日本語環境改善拡張機能は、OpenOffice.orgのデフォルトの書式設定など日本のユーザーが使いやすくするもの。

 大きく改善されるのが書式関連。ワープロソフトのWriter、表計算ソフトのCalc、プレゼンテーションソフトのImpress、図形描画ソフトのDrawの各アプリケーションの標準フォントをIPAが配布するフリーフォント「IPAフォント」に変更。同じIPAフォントがインストールされた環境であれば、異なるOS上で利用しても、書式やデザインのくずれがないドキュメントの共有が可能になるとしている。

 また、初期設定もMicrosoft Officeに近い書式設定を採用。Writerの場合、書式設定を英数字用・日本語用ともに「IPA明朝フォント」に、サイズを10.5ポイントと、Microsoft Officeと近い初期設定に変更できる。また、CalcとImpressの書式もMicrosoft Officeに近い初期設定に変更することができる。

 そのほか、英語のスペルチェックを標準でオフにしたり、英文の1文字目を大文字にするオートコレクトのオフなど、日本ユーザーの環境で不要な機能を取り除くことで初心者ユーザーが戸惑わないように配慮。そのほか、日本のラベルメーカーのラベル用紙データの取り込みなど、日本独自の環境での利用に最適化されている。


関連情報


(福浦 一広)

2009/6/29 19:51

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.