記事検索

初音ミクの立体映像が流れる、アキバに近未来献血ルーム

「fg」協力によるフィギュア展も


akiba:F

 日本赤十字社は、東京・秋葉原に献血ルーム「akiba:F」を10月1日にオープンする。休憩スペースでは“アキバにふさわしい”展示イベントを行うとしており、その第1回は「初音ミク 未来へ」を10月1日から2010年1月8日まで開催する。

 展示イベントでは、初音ミクなどのVOCALOIDシリーズを販売するクリプトン・フューチャー・メディア株式会社が協力しているほか、株式会社エンタースフィアが運営する立体物のコミュニティ「fg」と、3DCGコミュニティ「cg」のユーザーが提供した作品を休憩スペースに展示する。

 休憩スペースの中央にある円筒形のショーケースには、「fg」のユーザーが作成した初音ミクおよびVOCALOIDシリーズのキャラクターフィギュアが20体展示されている。さらに、「日本に5台しかない」というデンマーク製の3Dホログラム装置が3台あり、初音ミクの立体映像を流している。

 休憩スペース窓側の席にはガラスケースの中に初音ミク関連の商品を展示する。窓側左奥には、PCが設置されており、「cg」の「AR(拡張現実)表示」機能を体験できる。また、エンタースフィアが株式会社アイジェットとの協業で立ち上げた「立体出力サービス」によって作成されたフィギュアも展示している。

 9月30日に行われた「akiba:F」の内覧会に出席していたエンタースフィアの岡本基代表取締役は、「今年のお盆明けに今回の話をいただいた。ユーザーの皆さんが積極的に協力してくれたおかげで、オープンに間に合った」と話す。フィギュア作成者も事前に「akiba:F」を訪れていたようで、「休憩スペースの中央に飾られると知って、ドキドキしていた」という。岡本氏は、「今後もフィギュア関係の展示があれば協力したい」とした。

ショーケースに並ぶフィギュア fgユーザーのフィギュア20体を展示

初音ミクの立体映像が手を振る cgのAR表示機能を体験できる

採血スペースは全席に「iPod touch」完備

採血ルームの椅子

 休憩スペース窓側の席には電源があるほか、休憩スペース内は公衆無線LANサービス「FREESPOT」を利用できる。日本赤十字社の説明員は、「PCをつないでもらうというよりは、携帯端末で利用してほしい」とした。

 採血スペースは、中央に円形のスタッフカウンターがあり、それを囲むように椅子が並べられている。各席には、「iPod touch」が備えてあり、あらかじめ用意された映像を視聴できる。映像は献血啓発ビデオなど数種類から選べる。

 東京都赤十字血液センターの中島一格所長は、少子高齢化で輸血用の血液が不足し、その状況は特に若い世代が少ない地方で深刻だと説明する。都市部での献血者確保が必要となり、「サブカルチャーの発信源として若い世代が集まる場所」である秋葉原への期待は大きい。

 「秋葉原にあるもう1つの献血ルームは、週末になると混雑するほどで、利用者にはご迷惑をおかけしている。そこで、秋葉原のイメージにマッチするような新しい献血ルームをオープンすることになった」とのことだ。ちなみに、「akiba:F」の「F」は「未来(future)」を意味しているという。

 なお、「akiba:F」は、献血目的以外で立ち入ることはできない。また、オープン当初は混雑が予想されるため、献血者の同伴人数に制限を設けている。詳しくは、東京都赤十字血液センターのWebサイトにある「akiba:F」ページで確認してほしい。

iPod touchはAVケーブルでモニターに接続 採血ルーム。中央にスタッフカウンター 椅子も近未来的なデザイン

問診室の入り口 ドリンク販売機。横のゴミ箱はゴミを入れると照明の色が変わる 本棚にはマンガのほか、今回のイベント中は初音ミクの関連書籍も並ぶ

 


関連情報


(野津 誠)

2009/9/30 19:40

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.