記事検索

「Sleipnir 2.9.3」が公開。データ実行防止機能に対応


Sleipnir 2.9.3

 フェンリル株式会社は26日、Webブラウザー「Sleipnir」の最新版「Sleipnir 2.9.3」を公開した。同社Webサイトから無料でダウンロードできる。対応OSはWindows 7/Vista/XP/2000/Me/98SE/98。

 「Sleipnir 2.9.3」では、「データ実行防止(DEP)機能」に対応した。Windwos 7/Visa SP1以降/XP SP3以降およびDEPに対応したハードウェア環境で利用が可能。フェンリルではDEPへの対応により、バッファオーバーフロー攻撃などを防ぐことができるとしている。

 また、Windows 7の「Aero Peek」を有効にしている際に発生する不具合を修正。このほか、Windows 7環境で最小化すると、タスクバーのサムネイルが正しく描画されない場合がある不具合や、Aeroプレビューが正しく描画されない不具合なども修正された。


新たに「データ実行防止(DEP)機能」に対応

関連情報


(村松 健至)

2010/1/26 12:20

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.