記事検索
最新ニュース

Google マップにもラボ機能、鳥瞰写真や地図回転機能などを用意


ページ右上にある緑色の「Labs」アイコンをクリックすると利用可能な実験機能が表示される

 米Googleは12日、地図検索サービス「Google マップ」で、実験的な機能を公開する「Labs」を開始した。同様のLabsは、すでにGmailで開始されている。

 Google マップのLabsでは、ドラッグ操作で選択したエリアの地図をズーム表示できる「ドラッグ&ズーム」、一部地図での鳥瞰写真表示、地図の回転が可能。現在表示している地図を対象にした検索結果上位を確認できる「この周辺の情報」、マウスカーソルが指す位置の緯度経度情報の表示機能なども用意する。


鳥瞰写真は一部の地図で利用が可能。機能オン時に対象地図へのリンクも表示される 同じ場所を航空写真で表示したところ

 また、地図のズーム時に「この地域の詳細画像は表示できません」というメッセージを非表示にして、拡大可能な地図までをズーム対象とする機能も用意。加えて、航空写真から地名を当てる「世界の地名当てクイズ」機能も提供する。

 このほか、「Google マップ」のロゴを「BETA」表記に変更できる機能も用意する。ただし、日本版の「Google マップ」は現在もベータ版として提供されているため、ロゴデザインは異なるが、機能のオンオフにかかわらずベータ版表記となる。


地図の回転機能も利用できる 新宿周辺の地図を180度回転させたところ

ドラッグ操作によるズームも可能 航空写真を使ったクイズもプレイできる

関連情報


(村松 健至)

2010/2/15 12:25