記事検索

Twitter APIの認証方法が6月末にOAuthへ移行、クライアント更新を



TwitterによるOAuth移行カウントダウンページ

 米Twitterが2010年6月30日にTwitter APIの認証方法を変更することから、Twitterクライアントの利用者は新しい認証方法に対応したバージョンにアップデートしない限り、Twitterを利用できなくなる可能性がある。

 人気TwitterクライアントのTweetDeckは26日、このことに関連してユーザーに注意を促した。

 Twitterクライアントは、Twitterフィードやツイート(つぶやき)を送受信するたびにTwitter APIを使用している。この時、現在は毎回ユーザー名とパスワードをTwitterに送信し、認証処理を行っている。

 Twitterはこの認証方法を6月30日から変更する。新方法は、よりセキュリティの高いOAuthという認証方法だ。この場合、パスワードは一度しか送信されず、その代わり、専用のアクセストークンが発行され、クライアントはパスワードの代わりにこれを使用することになる。

 TweetDeckによると、TweetDeckデスクトップバージョン0.33(最新バージョン)は、すでにこの新認証方法を使用しているため、ユーザーはそのまま利用し続けることが可能だ。

 しかしバージョン0.33より前のバージョンの利用者は、6月30日以降Twitterを利用できなくなる。そのため、早めにバージョン0.33にアップデートするよう強く推奨している。

 また、TweetDeckのiPhone/iPadアプリは最新バージョンでも旧認証方法を使用しているため、今後公開予定のアップデートバージョンを待ち、公開次第アップデートすることをユーザーに求めている。

 この認証方法による変更は、すべてのTwitterクライアントに適用される。6月30日までの間、Twitterクライアント利用者は、自分が使用しているクライアントのアップデート状況に注意を払う必要がありそうだ。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2010/4/27 11:19