記事検索

インターネットの仕組みをマンガ冊子に、JPRSが中学・高校に無償配布


 日本レジストリサービス(JPRS)は、インターネットの仕組みについて学べるマンガ小冊子を作成し。インターネット関連教育のための教材として、全国の中学・高校に無償配布する。専用ページで6月30日まで申し込みを受け付ける。

 「ポン太のネットの大冒険」と題した小冊子では、インターネットの世界に迷い込んでしまった主人公「城島ポン太」の疑問に答えながら、Webページにたどり着く仕組みやドメイン名について解説している。

 小冊子は全18ページ。PDFファイルはJPRSのサイトから無償ダウンロードできる。


ポン太のネットの大冒険

関連情報


(永沢 茂)

2010/5/26 06:00