記事検索

Google Analyticsへの情報送信を止めるブラウザーアドオン、Googleが公開



Google Chromeにインストールした「Google Analytics Opt-out Browser Add-on」

 米Googleは、Web閲覧者が「Google Analytics」から自分のプライバシーを守るためのブラウザーアドオン「Google Analytics Opt-out Browser Add-on」のベータ版を公開した。Internet Explorer 8/7、 Firefox 3.5以上、Google Chrome 4.x以上に対応している。

 このアドオンをインストールすると、Google Analyticsを使用したWebサイトを閲覧する際、自分のコンピューターからWebサイトあてにデータが送信されるのを止めることができる。

 Google Analyticsではそもそも個人情報は収集しておらず、通常のアクセス解析ツール以上にプライバシーを収集することはない。しかしGoogleでは「ユーザーの選択肢を増やし、可能な場合にコントロールできるようにすることが良いことだと信じている」とし、今回のツール公開の理由を説明している。

 また、Webサイト運営者のために新しいツールも公開された。これは、Googleに送信されるIPアドレス情報を匿名化するオプションを提供する。Google Analyticsは、このIPアドレス情報をもとにアクセス解析を行い、地理的な情報をWebサイト運営者に提供してきた。これを匿名化することで、閲覧者のプライバシーをより一層高めることができる。

 一方、この機能を利用するWebサイト運営者は、Google Analyticsレポートに表示される地理的情報に関するデータの正確さは減少することに注意すべきだとしている。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2010/5/26 12:29