記事検索

毎日新聞社、iPadに夕刊を配信、ソフトバンク「ビューン」通じて


Mainichi iTimes(iPadで表示)

 毎日新聞社は、iPad向けに日刊紙「Mainichi iTimes」を6月1日から配信すると発表した。ソフトバンクグループが展開するコンテンツ配信サービス「ビューン」を通じて提供する。「ビューン」では、「Mainichi iTimes」を含む新聞・雑誌など31コンテンツがパッケージ化されており、月額450円で購読できる。

 「Mainichi iTimes」では、毎日新聞の本紙夕刊のニュースを中心に記事を選択し、15〜20ページで構成。「サンデー毎日」「週刊エコノミスト」の記事の一部も配信する。

 なお、「ビューン」のサービスはiPadのほか、iPhone/iPod touch向けに月額350円、ソフトバンク携帯電話向けに月額315円で提供する。iPad/iPhone/iPod touchから利用するには、無料のコンテンツ閲覧アプリ「ビューン」をApp Storeからダウンロードする必要がある。携帯電話向けには、「Mainichi iTimes」のニュース速報も提供する。

 「ビューン」に含まれる新聞コンテンツは、毎日新聞のほか、西日本新聞、スポーツニッポン。いずれも「ビューン」限定の特別編集版となる。


関連情報


(永沢 茂)

2010/5/31 16:20