記事検索

Apple、Mac OS X用の「セキュリティアップデート 2010-005」を公開


 米Appleは24日、Mac OS X用の「セキュリティアップデート 2010-005」を公開した。対象OSはMac OS X 10.6.4および10.5.8。

 今回のセキュリティアップデートでは、Apple Type Serviceのフォントの取り扱いに関する不具合により、悪意のあるドキュメントを開いた場合に任意のコードを実行させられる危険のある脆弱性など、8項目13件の脆弱性を修正している。

 アップデートにはこのほか、CoreGraphicsのPDFファイルの処理に関する脆弱性や、CFNetworkが匿名のTLS/SSL接続を許可することに起因する脆弱性、PHPのバージョン5.3.2へのアップデート、Sambaのバッファオーバーフローの脆弱性の修正などが含まれる。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/8/25 11:39