記事検索

トレンドマイクロ、基本設計を一新した「ウイルスバスター2011 クラウド」


「ウイルスバスター2011 クラウド」パッケージ

 トレンドマイクロ株式会社は31日、セキュリティソフト「ウイルスバスター2011 クラウド」のダウンロード版を発売した。価格は4980円。パッケージ版は9月3日発売で5980円。ともに「ウイルスバスター for Mac」を同梱し、WindowsとMac OSを問わず3台まで利用可能。ライセンス期間は1年間。対応OSはWindows 7/Vista/XPおよびMac OS X 10.11以降。

 クラウド上のデータベースを参照してウイルスを検出する機能「スマートスキャン」を実装したのが特徴。スマートスキャンでは、ウイルスを検出するための定義ファイルの約80%をPC上からクラウドへ移行することで、PCの負荷を抑制できるほか、クラウド上で更新されている最新のウイルス情報を参照できるようになった。

 トレンドマイクロによれば、従来の検出方法であるパターンマッチングでは、新種のウイルスを検出するためには、ユーザーが最新の定義ファイルをPC上にダウンロードする必要があり、ウイルス対策に時差が生じることがあったという。最新のウイルスを検知するための定義ファイルが配信されるまでに、時間がかかることがあるためだ。

 トレンドマイクロの長島理恵氏(マーケティング本部プロダクトマネジメント課プロダクトマネージャ)は、「最近では1.5秒に1種類の新たなウイルスが発生している」と説明。ウイルスの急激な増加に伴い、より大量かつ高頻度に定義ファイルを更新する必要が出てきており、PCへの負荷を考慮すると「安全と軽快のジレンマに直面していた」という。

 これに対して「スマートスキャン」は、ウイルスの情報をリアルタイムに更新できるよう、クラウドにトレンドマイクロのデータベースを用意し、必要に応じてPCからクラウドに問い合わる。PCには最小限の定義ファイルを保存しておくことで、「安全と軽快のジレンマの問題を解決した」(長島氏)。

「スマートスキャン」のイメージ 従来のセキュリティ対策の課題

 新機能としてはこのほか、ウイルス検出時に、そのダウンロード元となった不正なURLや、ウイルスをダウンロードする不正プログラム(ダウンローダー)の情報をトレンドマイクロに送信する「ローカル相関分析」、ウェブサイトに埋め込まれた悪意のあるコードを検出し、ウェブサイト経由のウイルス感染を防ぐ「ブラウザガード」、ファイルを復元できないように消去するツールを追加した。

 トレンドマイクロの大三川彰彦氏(取締役エグゼクティブバイスプレジデント日本地域担当)は、「新たに搭載した『スマートスキャン』は、ウイルス検索の仕組みを抜本的に変え、別次元の安全と軽快を実現する。生まれ変わったウイルスバスターに期待してほしい」と自信をのぞかせた。

 31日に開かれた会見には、ウイルスバスターユーザーからのウェブアンケートで決定したという、2代目「ウイルスバスターガール」を務めるモデルの山本美月さんも登場し、新製品を多くの人に勧めていきたいとアピールした。今後は、山本さんが出演するテレビCMが全国で放送される。

左からトレンドマイクロの大三川彰彦氏、山本美月氏、トレンドマイクロの長島理恵氏 ユーザーのウェブアンケートによって2代目「ウイルスバスターガール」に選ばれた

関連情報

(増田 覚)

2010/8/31 14:35