記事検索

Adobe、「Acrobat X」「Reader X」を発表


「Acrobat X Pro」のパッケージ

 米Adobe Systemsは18日、PDF文書作成ソフト「Acrobat」ファミリーの新バージョンとなる、「Acrobat X」「Adobe Reader X」「Acrobat X Suite」を発表した。

 Acrobat Xでは、複数の手順が必要な作業を自動化する機能や、新しいレイアウト、テーマ、カラーパレット、Microsoft SharePointとの統合機能などを搭載。Photoshopとの連携機能も強化し、AcrobatとPhotoshopなどのソフトとセットにしたパッケージ「Acrobat X Suite」をラインナップとして追加した。

 閲覧ソフトの「Reader X」には、文書に付箋やハイライトを加える機能が追加され、セキュリティ対策として「Protected Mode」(サンドボックス機能)を搭載。携帯端末への対応として、Android、Windows Phone 7、BlackBerry Tablet OS向けの「Reader X」を提供することも発表した。

 また、オンラインサービスの「Acrobat.com」についても、大容量のファイルが送受信できる「SendNow」、文書を簡単にPDFに変換できる「Create PDF」などの新機能が追加される。

 Acrobat Xと関連製品は、30日以内に出荷予定。日本のオフィシャルストア「アドビストア」でも予約受付が開始されている。アドビストアでの価格は、「Acrobat X Standard」の製品版が3万6540円、アップグレード版が1万9110円。「Acrobat X Pro」の製品版が5万7540円、アップグレード版が2万5410円、特別提供版(別エディションからのアップグレード版)が2万5410円。「Acrobat X Suite」の製品版が15万1200円、特別提供版が11万145円。Acrobat X StandardおよびProのダウンロード版発売は11月15日、パッケージ版発売は12月1日、Acrrobat X Suiteのダウンロード版発売は11月24日、パッケージ版発売は12月10日の予定としている。

Acrobat Xの画面 Acrobat.comの「SendNow」機能

関連情報

(三柳 英樹)

2010/10/18 16:33