記事検索

米Amazon.com、スポンサー付き割引版Kindleを114ドルで発売


 米Amazon.comは11日、広告を表示することによって、25ドル割引したKindleを114ドルで米国内で発売すると発表した。

 広告はKindleのスクリーンセイバーとして、また、ホームスクリーン画面下部に表示される。利用者にはさまざまな特典が用意される。広告はKindleの設定画面から好みのジャンルを選択できるほか、表示させたい広告を投票できるシステムも導入する。

 スポンサー付きKindleは「Kindle with Special Offers」と呼ばれる。同じモデルの通常版は139ドルで販売されているため、スポンサーが付くことにより25ドル割引されることになる。

 最初のスポンサー企業は、Buick、Olay(Procter & Gamble)、Visa、Amazon.com Reward Visa Card(Chase)だとしている。

 この端末の利用者向けの特典として発売最初の数週間に提供されるキャンペーンは以下の通り。10ドルまたは20ドルのAmazon.comギフトカード、通常68ドルのAudible Book 6個を6ドルで提供、Amazon MP3アルバムを1ドルで提供、AmazonデニムショップまたはAmazonスイムショップで30ドルの商品を10ドルで提供、Amazon Rewards Visa Cardの加入時に提供されるAmazon.comギフトカードを通常30ドルから100ドルに増額、Kindleベストセラー30冊のうちの1冊をVISAカードで購入するとAmazon.comクレジット10ドル提供、Rokuストリーミングプレーヤーの50%割引となっている。

 利用者向けに提供されるキャンペーンは、Kindle with Special Offersメニューからいつでも一覧表示させることができ、ユーザーがキャンペーン利用機会を逸することがないようにしている。

 Amazon.comはまた、表示するスクリーンセイバー広告を、ユーザーの人気投票によって決めるシステム「AdMash」を導入する。これは無料のKindleアプリおよびウェブサイトとして提供される。AdMashでは、2つのスクリーンセイバー広告候補を並べて表示し、ユーザーは好みのものを選択するという仕組みだ。人気の高かった広告がスクリーンセイバー広告となる権利を獲得するとしている。AdMashKindleアプリは、数週間以内に発表される予定だ。

 ユーザーはまた、Amazon.comのKindle設定ページから、スクリーンセイバー広告として見たい種類の画像を設定できる。例えば、景色、建築、旅、写真、イラストなどから、どのジャンルをより多く、あるいはより少なく見たいかを設定できる。

 「Kindle with Special Offers」は、米国在住利用者からの予約受付を開始しており、5月3日に出荷予定となっている。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2011/4/12 11:29