記事検索

Microsoft、IE6のシェア減少を自ら祝福〜米国で1%切る


 Microsoftは3日、米国における「Internet Explorer 6(IE6)」のシェアが1%を切ったことを自ら祝福した。

 これまでIE6は、ブラウザーを題材にしたジョークの“落ち”として使われてきたという。実際にMicrosoftは2011年3月、IE6消滅までのカウントダウンを行う特設サイトを立ち上げ、IE6の世界シェアを1%以下にすることを目指している。

 特設サイト開設以降、オーストリアやポーランド、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ノルウェイで目標を達成。今回米国でも、チェコ共和国やメキシコ、ウクライナ、ポルトガル、フィリピンとともに、IE6のシェアが1%を下回ったかたちだ。

 IE6のシェアが1%を切ることについてMicrosoftは、「多くの開発者がIE6を優先度の低いブラウザーと見なし、旧式ブラウザーのサポートに費やす時間が減るだろう」とその効果を説明している。

 なお、世界各国におけるIE6のシェアは、米調査会社Net Applicationsが2011年12月31日に公表した月次データを基にしている。それによれば、IE6の世界平均シェアは7.7%、日本のシェアは5.9%となっている。


関連情報


(増田 覚)

2012/1/5 16:47