記事検索

スマホ広告拡大、11月の広告主が5月比で1.5倍に、3割が新規出稿


 株式会社ビデオリサーチインタラクティブは13日、2011年5月から11月までのスマートフォン向け広告の出稿状況を取りまとめまた。それによれば、広告主は累計で538社、銘柄数では763銘柄。11月単月では246社の出稿があり、5月の時点に比べて約1.5倍増加したという。また、各月の広告主のうち、3割前後が新規の広告主だった。

 この状況についてビデオリサーチは、「出稿の継続性も見ていく必要はある」と前置きした上で、「出稿広告主数の増加、およびフレッシュな広告主の登場が常態化していることは、裾野の拡大、ひいてはスマートフォン向け広告市場の成長を牽引する」と推察している。

スマートフォン向け広告の出稿広告主数/銘柄数推移(2011年5月〜11月)

 11月にスマートフォン向け広告を出稿した246社について、PC(バナー広告)とフィーチャーフォン(ピクチャー広告)での広告出稿状況をみると、スマートフォン以外にも出稿している広告主数は172社、シェアでみると69.9%となっており、5月度時点に比べ9ポイント上昇している。

スマートフォン向け広告出稿広告主のPC(バナー広告)、フィーチャーフォン(ピクチャー広告)の出稿状況推移(2011年5月度/2011年11月度)

 11月に出稿した銘柄について商品種類で分類すると、「ゲームコンテンツ」「インターネット関連サービス」「コミュニティ系サービス」「ニュース関連コンテンツ」「電子書籍・コミック」といったコンテンツ関連が多かった。

スマートフォン向け広告の出稿銘柄の商品種類分類(2011年11月度)

 11月に出稿した広告素材(1486素材)をタップした後のリンク先情報としては、「アプリのダウンロードページ」が全広告素材の48.3%を占め、「ダウンロードページ以外」が51.7%とほぼ半々。「アプリのダウンロードページ」におけるジャンルでは「ゲーム」が30.8%と最も多く、次いで「生活・実用」が26.0%だった。

スマートフォン向け広告素材のリンク先情報(2011年11月度)

 今回の調査結果は、ビデオリサーチが独自で策定した基準に基づいて収集したスマートフォン向け広告のデータベースサービス「SmartPhone Ads Report」によるもの。


関連情報

(増田 覚)

2012/1/13 13:03