記事検索

ニコ動がアップデート発表、一般会員のエコノミーモード画質向上など


iPhoneアプリ「ニコニコ動画」

 株式会社ニワンゴは15日、ニコニコ動画の次期バージョン「ニコニコ動画(ZERO)」に向けたアップデートと新サービスを発表した。

 ニワンゴでは、ニコニコ動画のサービス開始5周年を契機として、動画共有サイトとしての「原点回帰」をテーマに、次期バージョンの名称を「ニコニコ動画(ZERO)」とすることをすでに発表している。新バージョンの開始は4月29日で、開始に向けて新機能や新サービスを順次投入していく。

 「新サービス発表会(β)」として開催された今回の発表会では、混雑時に一般会員の視聴画質が低下する「エコノミーモード」において、画質を向上させることを発表。また、動画アップロード時の順番待ち時間も解消し、動画のアップロードをより快適に行えるようにするとしている。対応は2月上旬の予定。

 ニコニコ動画のiPhoneアプリについても、15日にバージョンアップ。動画再生時のフレームレートを30fpsとし、3G接続時の画質も向上。音声も従来のADPCM(モノラル)からAAC(ステレオ)に向上した。また、自身のアカウントや参加コミュニティ/チャンネルの更新情報が確認できる「ニコレポ」機能や、ニコニコニュース、関連動画、公開マイリストなどの表示にも対応した。

 ニコニコ生放送の配信向けツール「ニコ生エンコーダー」を2月上旬にリリースすることも発表。簡単な操作でユーザー生放送が可能になり、カメラのスイッチ機能やワイプ画面の表示、ローカル音声や動画ファイルの再生機能、Skype連携機能などの実装を予定している。

「ニコ生エンコーダー」開発中画面

 東京・六本木のライブ施設「ニコファーレ」についても、新システムを導入。3DCGムービー作成ツール「MikuMikuDance(MMD)」で作成したモーションデータを、ニコファーレのAR演出機能で表示できるように、今後対応を予定。ニコファーレの生中継を視聴するユーザーのサムネイル画像を壁面に表示する「ネット観客システム」も、3Dアバターを観客として表示するようになり、生中継を視聴しながらユーザーが3Dアバターを操作できるようにする。3Dアバター機能は2月より開始予定。

 ニコニコ動画では、新バージョンに向けた発表会も観客を招いたイベントとして開催している。今回開された「新サービス発表会(β)」は、2012年12月12日に開催された「新サービス発表会(仮)」に続くもので、3月6日には3回目の発表会となる「新サービス発表会(γ)」の開催を予定。全サービスの詳細については、4月28日〜29日に幕張メッセで開催する「ニコニコ超会議」で発表する。

3Dアバター 壁面への表示イメージ

関連情報


(三柳 英樹)

2012/1/16 13:17