記事検索

Macの5台に1台に、Windowsのマルウェアが潜んでいた――Sophosが独自調査


 英Sophosの日本法人であるソフォス株式会社は25日、Macのマルウェアに関する独自調査の結果を発表した。

 Sophosが提供している無料のウイルス対策ソフト「Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition」を最近ダウンロードしたMacのうち、10万台を対象にスナップショットを分析したところ、5台に1台の割合(20%)でWindowsのマルウェアが潜んでいたという。

 検出されたWindowsのマルウェアは、「Mal/Bredo」12.2%、「Mal/Phish」7.4%、「Mal/FakeAV」3.8%、「Troj/ObfJS」3.6%、「Mal/ASFDldr」3.3%、「Troj/Invo」3.0%、「Troj/Wimad」2.6%、「Mal/Iframe」1.5%、「Mal/JavaGen」1.4%、その他が61.2%。

 Bredoはスパムで拡散するマルウェアの1つで、最初に亜種が検出された2009年以降、多くの亜種が生成されているという。また、10万台のMacの中には、2007年に出現したマルウェアを検出したものもあり、早期にウイルス対策ソフトを導入していれば簡単に検出できていたものもあると、Sophosでは指摘している。

 Windowsのマルウェアは、Mac上でWindowsを実行していない限り、Macで活動をすることはないが、他のPCに拡散する恐れがあるという。

 一方、Mac OS Xのマルウェアが入り込んでいたのは、2.7%(36台に1台)だった。検出されたのは、「OSX/Flshplyr」75.1%、「OSX/FakeAV」17.8%、「OSX/RSPlug」5.5%、「OSX/Jahlav」1.2%、その他が0.4%。60万台以上のMacが感染したとされる「Flashback」のほか、クレジットカード情報を狙う偽のウイルス対策ソフトを装った攻撃で占められているとしている。

 Macユーザーがウイルス対策ソフトをあまり導入していなさそうだということで、攻撃しやすいターゲットと見られていること、また、典型的なWindowsユーザーよりもMacユーザーの方が可処分所得が多そうだということで、サイバー犯罪者からは大きなリターンが見込めるターゲットと見られている可能性があるという。

 Sophosでは、同社が無料で提供しているSophos Anti-Virus for Mac Home Editionでは、Mac上でもWindowsのマルウェアを検出・隔離できるとアピールしている。


関連情報


(永沢 茂)

2012/4/26 06:00