記事検索

日本ユニシス、“関心事”で繋がるソーシャルメディア「Fture.me」開始


 日本ユニシス株式会社は7日、独自のソーシャルメディア「Fture.me(フューチャーミー)」の試験サービスを開始した。気になる物事をタイムラインに登録することで、同じテーマに興味のあるユーザー同士で繋がりあうことができる。サービスの利用に必要な専用Androidアプリは、Google Playにて無料公開中。なお、iPhone対応は正式サービス開始時に行う予定。

「Fture.me」の利用イメージ フレンドやフォロー登録ではなく、“関心事”をもとに他者と交流できるのが特徴

 Fture.meでは、「行ってみたい旅行先」「気になるお店」といった情報をノートという単位で記録しておくと、時間や場所に応じてリマインドしてくれる。残したい情報、将来の計画などを予定日付きで記録できることから、日本ユニシスでは「未来のタイムラインを作成できる」と表現している。

 加えて、ノート内容に合わせて他のユーザーのノートをレコメンドする仕組みを搭載。FacebookやTwitterでは人間関係ありきで交流するのに対し、Fture.meは“関心事”を切り口に他のユーザーと交流できるという。

 なお、Fture.meは匿名での利用が可能。ノートの内容ををFacebookやTwitterに投稿することもできる。また、PCからノートやタイムラインを閲覧する機能については、将来的な対応を検討していく。


関連情報


(森田 秀一)

2012/6/8 14:19