記事検索

「kobo Touch」販売開始、ブックストアでは独占先行配信コンテンツも


 楽天株式会社は19日、日本国内向けの電子ブックリーダー「kobo Touch(コボタッチ)」を発売した。価格は7980円。コンテンツ配信ストア「koboイーブックストア」もあわせて開設した。

kobo Touch koboイーブックストア

 kobo Touchは「楽天市場」のほか、ビックカメラ、ソフマップ、コジマ、Joshin、ヨドバシカメラなどの家電量販店と各社サイトで販売。丸善やジュンク堂、文教堂、TSUTAYAなどの書店では展示を行う。代官山蔦屋書店2号館など5店舗のTSTUAYAでは順次販売も行う。

 koboイーブックストアでは小説やエッセイ、ビジネス書、コミックなどのジャンルで、角川グループや幻冬舎、講談社、小学館、文藝春秋などの電子書籍コンテンツを配信。日本語以外のコンテンツを含めると、約240万冊に上るという。

 独占先行配信コンテンツとして、「余った傘はありません」(鳥居みゆき著)や「ドラッカー名著集1〜15」(ピーター・F・ドラッカー著)、直木賞受賞作品の「鍵のない夢を見る」など全20タイトルを用意する。

 コンテンツのフォーマットは「EPUB3.0」を採用し、日本語の縦書きやルビ表示など日本語独特の表現に対応。EPUB3.0の日本語コンテンツを全面採用するのは、電子書籍ストアとしてはkoboイーブックストアが初めてとしている。


関連情報


(増田 覚)

2012/7/19 17:05