記事検索

NTT東、アパートの住人向けWiFiスポットサービス「フレッツ 光WiFiアクセス」


 東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は、アパートなどの小規模な集合住宅を対象としたインターネットアクセス回線の新メニュー「フレッツ 光WiFiアクセス」の提供を1日より開始すると発表した。初期費用は840円、月額料金は1575円(インターネット接続には別途ISP契約・料金が必要)。

 現在「フレッツ 光マンションタイプ」を提供していない小規模な集合住宅で、4世帯以上の契約が見込まれる物件を対象に提供するもの。提供エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県から展開する。

 フレッツ 光WiFiアクセスの名称からわかるように、集合住宅に敷設した光回線を、無線LANアクセスポイントを介して入居している複数の加入者が共有する仕組み。光回線の伝送速度は下り最大200Mbps/上り最大100Mbps。一方、無線LAN区間の伝送速度は加入者の端末の規格に準じ、IEEE 802.11nの場合は最大200Mbps、IEEE802.11aまたはIEEE 802.11gの場合は最大54Mbps、IEEE 802.11bの場合は最大11Mbps(通信速度はいずれも規格上の最大値)。

「フレッツ 光WiFiアクセス」の提供イメージと申し込み〜サービス利用の流れ

 フレッツ 光WiFiアクセスを利用可能な物件には、建物内への掲示などで案内する。アクセスポイントは申し込み手続き用のアクセスポイントも兼ねており、加入希望者はまず、SSIDが「FLETS-ORDER」という申し込み用の無線LANに接続し、ウェブブラウザーで必要事項を入力して認証ID・パスワードを受け取る。その後、改めてインターネット接続用の無線LAN(FLETS-WIFI)に接続し、認証ID・パスワードを入力してインターネットに接続する仕組み。

 申し込み画面では、ISPサービスも同時申し込みが可能だ。ただし、そのアクセスポイントで接続できるISPは、物件のオーナーなどが指定した1社となる。

 なお、フレッツ 光WiFiアクセスのサービスでは、入居する集合住宅のアクセスポイントのほか、公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」でもインターネットに接続できる(ウェブ認証方式のスポットに限る)。一方、逆にフレッツ・スポットの契約者が、フレッツ 光WiFiアクセスを介してインターネットに接続することはできない。

 フレッツ 光WiFiアクセスに対応したISPとしては、株式会社朝日ネットが1日、「ASAHIネット」において月額315円の「フレッツ 光WiFiアクセスコース」の提供開始を発表している。


関連情報


(永沢 茂)

2012/11/1 19:00