ニュース

国会図書館、「東日本大震災アーカイブ」を3月7日正式公開

 国立国会図書館と総務省は、東日本大震災に関するデジタルデータを一元的に検索できるポータルサイト「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)」を7日に正式公開する。

 東日本大震災に関連する音声、動画、写真、ウェブ情報などを包括的に検索できるポータルサイト。2012年からの試験公開を経て、今回正式に公開する。

 検索対象となる資料は、グーグル株式会社の「未来のキオク」、ヤフー株式会社の「東日本大震災写真保存プロジェクト」といったウェブ情報のほか、日本放送協会の「NHK東日本大震災アーカイブス」、株式会社フジテレビジョンおよびフジニュースネットワークの「3.11忘れない 〜FNN東日本大震災アーカイブ〜」、東北大学の「みちのく震録伝」、ハーバード大学の「2011年東日本大震災デジタルアーカイブ」など。

 国会図書館と総務省では、被災地の復旧・復興、今後の防災・減災に役立つべく、連携先を増やし、検索できる情報をより充実させていきたいとしている。

(三柳 英樹)