記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

本物のお風呂のフタで作られたiPad2のSmart Coverが注目を集める ほか

【2011/5/16】

本物のお風呂のフタで作られたiPad2のSmart Coverが注目を集める

 iPad2の発表時におもに日本限定で話題になったのが、純正オプションである「Smart Cover」。マグネットで取り付けることができ、スタンドにまでなってしまうというその機能性よりも日本のユーザが注目したのが、日本で広く流通しているお風呂のフタに構造がそっくりであること。発表直後から「完全に一致」と題された画像が出回ったのは記憶に新しい。さてそんな「Smart Cover」を、本物のお風呂のフタを用いて自作してしまった人が現れた。きちんとネオジム磁石が内蔵されていてiPad2本体のスリープに同期するなどなかなかの力作だが、iPad2の数倍の厚みとあって実用性は皆無。もっともその壮大なムダさ加減にネットでは「閉じたときにちゃんとスリープしてるwww」「よく出来てるな〜」「これはもっと評価されるべきだ」などと賞賛のコメントが並んでいる。

◇お風呂のフタでiPad2のスマートカバーを作った(k.kinukawaの日記)
http://d.hatena.ne.jp/k_kinukawa/20110514/1305385899
◇Smart Cover(アップル)
http://www.apple.com/jp/ipad/smart-cover/

(tks24)

大相撲の「携帯持ち込み禁止」、iPod TouchとiPhoneの見分けが付かず混乱中?

 大相撲ではいま、八百長問題に関連して支度部屋への携帯電話の持込が禁止されている。八百長と疑われる行為を禁止するとのお達しによるものだが、どうもこの対策がさらなる混乱を招いていることを示唆するニュースが、デイリースポーツに掲載されていた。その混乱とは、力士が持ち込んだiPodが携帯電話と誤認され、さらにはそれが紛らわしい行為にあたるとして、力士に注意が与えられたというもの。文脈からするとiPodというのはiPod Touchを指しているようで、たしかにiPhoneなのかiPod Touchなのかは素人目には見分けにくいのは分かるが、ネットでは「紛らわしいのはその通りだけど、ちょっぴり不条理だな」「力士悪くないじゃん」などとコメントされている。一方で「マニアじゃない一般人が一瞬で判断するのは至難の業」「今のこの時期にそんな紛らわしいモン持って来るほうが悪いだろ」との意見もあり、賛否は分かれている格好だ。アップルはこうしたコメントをどう聞くのだろうか。

◇携帯と思ったら……iPod「紛らわしい!!」(デイリースポーツonline)
http://www.daily.co.jp/sumo/2011/05/13/0004059117.shtml

(tks24)