記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

Twitterハッシュタグでネット独自の流行語大賞を募集中 ほか

【2011/11/14】

Twitterハッシュタグでネット独自の流行語大賞を募集中

 この時期恒例の、2011年ユーキャン新語・流行語大賞の「候補語」60語が今年も発表された。いまとなっては懐かしい震災前のものからまったく聞いたことがないものまで、例によって幅広いラインナップだが、いっぽうTwitterのハッシュタグ「#お前らの今年の流行語大賞」では本家とは異なる独自の流行語大賞を募集している。「ただちに健康に影響はない」「ぽぽぽぽーん」など本家とかぶっているネタのほか、「わけがわからないよ」「照英」など、こちらのほうがなじみ深いというネットユーザーは少なくなさそうだ。ちなみに、Twitterでよくツイートされた言葉の統計は「ついっぷるトレンド」で見られるが、「地震」「原発」はともかく「電車」「休み」「遅刻」といった日常の話題を占めるワードが多く、いわゆる流行語が単純な集計では算出できない難しさを示している。

◇ハッシュタグ「#お前らの今年の流行語大賞」(Twitter)
https://twitter.com/search?q=....
◇2011年ユーキャン新語・流行語大賞の候補語
http://singo.jiyu.co.jp/
◇HOTワード(ホットワード)・今年(ついっぷるトレンド)
http://tr.twipple.jp/hotword/year.html

(tks24)

「他の新聞社は載せてるのに、asahi.comには載らないニュース」を集めたサイト

 日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞を読み比べるサイト「新s(あらたにす)」の終了が発表された。4年にも満たない短命サイトだったわけだが、各紙の内容を読み比べるというコンセプトそのものは評価が高かっただけに、終了を惜しむ声も多い。一方で、少し違ったコンセプトの比較サイトがオープンしている。「Exclude News」と名付けられたこのサイトは、朝日新聞が扱っていないニュースだけをピックアップして報じるというもの。1時間に一回ニュースをチェックし、その時点で朝日新聞が載せていないニュースをフィルタして表示しているとのことで、作者のブログによると「政治カテゴリだとマイナーなニュースに偏る傾向はありますが、大手が報道してるのになぜ朝日新聞だけ報道してないんだろう?というのもチラホラ」とのこと。翌日回しになっている記事は対象外だったり、むしろ記事の大小が見たいという声もなくはないが、ネットでは「発想が素晴らしいし、それをやっちゃうことも素晴らしい」「メディアリテラシーの授業の参考にも使えそう」といった好意的な感想が多い。将来的には読売新聞や毎日新聞を対象にしたサイトも作る計画があるとのことなので期待したいところだ。ちなみにはてなブックマークのコメントでも指摘されているが、引用元からして朝日新聞ではなくasahi.comが正しい引用元ということになりそうだ。

◇ExcludeNews
http://exnews.heroku.com/
◇朝日新聞に載ってないニュースExcludeNewsはじめました(Money does not hurt your heart)
http://d.hatena.ne.jp/tittea/20111112/1321090528
◇日経・朝日・読売の新聞読み比べサイト「あらたにす」、2012年春終了(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20111110_489930.html

(tks24)