Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ACCS、Winnyユーザー逮捕への経緯詳細を説明

〜京都府警の依頼で、送信可能化になっている著作物の同一性を鑑定

 コンピュータ著作権協会(ACCS)は28日、京都府警察本部ハイテク犯罪対策室と五条警察署が27日に著作権侵害の疑いで愛媛県松山市の無職男性(19歳)と群馬県高崎市の自営業男性(41歳)を逮捕した件の経緯を説明した。

 ACCSの坂田氏によると、京都府警察本部ハイテク犯罪対策室などは、独自の方法を用いて被疑者の身元やIPアドレスなどを特定し、Winnyの暗号化を解読した上で著作物を送信可能化にしていることを確認。送信可能化にしている著作物の同一性を、“第三者による鑑定”的な意味合いでACCSに依頼してきたという。依頼を受けて同協会では、告訴会社である任天堂株式会社と株式会社ハドソンとともに同一性の鑑定を行なった。

 同一性の鑑定では“いちWinnyユーザー的な利用方法を用いた調査”によって被疑者が送信可能化にしていた著作物をリモートから鑑定。本物であることを確認したという。この際、著作物はすでに復号化されており、復号化済みのファイルを鑑定したという。また、今回の鑑定では「被疑者がどのような著作物を送信可能化にしているか」を調査したものであり、「被疑者がどのようなものをダウンロードしたのか」については問題にしていないという。なお、さらに詳細な方法については「捜査の関係上コメントできない」としている。

 同氏によると、Winny製作者宅の家宅捜索などについては「すべて京都府警が行なっていることなので、当協会は一切関与していない」とのこと。また、28日未明に同協会のWebサイトが閲覧不能になった点については「27日夜から当協会へアクセスが殺到したため、Webサーバーをこちら側でダウンさせた。現在、アクセス解析を行なっている途中だが、悪意のあるアクセスも含まれているかもしれない」と語った。


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.accsjp.or.jp/news/031127.html
  関連記事:「ファイル交換ソフト」による著作権侵害で世界初の刑事摘発
  http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2001/1128/accs.htm
  関連記事:ファイル交換ソフトによる著作権侵害で刑事処分〜罰金40万円
  http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2002/0326/mx.htm
  関連記事:ファイル交換ソフトの利用者が185万6,000人に〜ACCSが実態調査
  http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0618/accs.htm

関連記事
京都府警、ファイル交換ソフト「Winny」ユーザー2名を逮捕(2003/11/27)
WinnyやWinMX利用者の58%がADSLを利用している〜ネットアーク調査(2003/09/01)


( 大津 心 )
2003/11/28 18:15

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.