Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Google、GmailにPOPアクセス機能などを追加


設定画面
 米Googleは10日、同社が試験提供中の1GBの無料Webメールサービス「Gmail」に、POPアクセス機能を追加した。Googleによれば、順次利用できるユーザーを拡大しており、2週間後にはすべてのGmailユーザーが利用できるようなる予定だという。

 今回の機能追加により、OutlookなどのPOP3をサポートしたメールソフトでGmailにアクセスしてメールの送受信が可能になる。マイクロソフトのOutlook 2002やOutlook Express 2002向けには英語版の設定ツールも用意した。なお、POPで受信したメールには広告が表示されない。また、デフォルトの設定ではPOP受信後もGmailのサーバーにメールを残す設定になっている。

 Gmailではこのほか、あらかじめ設定したアドレスにメールを自動転送する機能も追加。Googleによれば、これらの機能追加はユーザーの要望によるものだという。「POPアクセス機能や自動転送機能を利用することで、アクセス手段を失う恐れがないベストのメールインターフェイスを選択できる」と“email portability”の考えを強調している。


関連情報

URL
  サービス概要(英文)
  http://www.google.com/gmail/help/whatsnew.html
  Gmail(英文)
  https://gmail.google.com/

関連記事
GmailをWindowsの“ドライブ”として認識させる実験ソフト公開(2004/10/12)
Gmailの受信メールをデスクトップでチェックできる「Gmail Notifier」(2004/08/23)
米Google、無料Webメールサービス「Gmail」のベータ版〜容量は1GB(2004/04/01)


( 鷹木 創 )
2004/11/11 12:11

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.