Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ソフトバンク・インベストメントが株の貸借でフジテレビの筆頭株主に


ソフトバンク・インベストメント代表取締役CEOの北尾吉孝氏
 ソフトバンク・インベストメント(SBI)は24日、フジテレビジョンおよびニッポン放送と3社で、コンテンツ・メディア・ブロードバンド分野におけるベンチャーキャピタルファンドを共同出資により設立することを発表した。

 同時に、3社は相互の協力関係を強化するため、ニッポン放送が保有するフジテレビ株式353,704株(発行済み株式の13.88%)を株券消費貸借によりSBIが借り受けることについて、あわせて合意した。この消費貸借の実施により、消費貸借期間中の対象株式の議決権はSBIに移転し、SBIがフジテレビの筆頭株主となる。貸借期間は2005年3月24日〜2010年4月1日。

 3社の共同出資により設立する新ファンドは、「SBIビービー・メディア投資事業有限責任組合」。基金規模は200億円で、SBIとSBIの100%子会社であるSBIベンチャーズが20億円、フジテレビが160億円、ニッポン放送が20億円をそれぞれ出資する。運用はSBIベンチャーが担当する。

 新ファンドは映像・音楽・出版などのコンテンツに関する事業、メディアに関する事業およびブロードバンド関連事業を行なう国内外の会社または投資事業組合を投資対象とする。投資対象の企業は、株式の公開・未公開を問わない。運用期間は約5年間で、2年間の延長の場合があるとしている。

 新ファンドによって、SBIグループが持つ通信・インターネット分野の実績、フジテレビ・ニッポン放送の持つ放送分野における実績による技術力や人材などを融合することにより、放送・通信・インターネットの各分野にまたがる有力なベンチャー企業を発掘・育成していくという。

 なお、SBIは24日午後6時から本件についての発表会を都内で開催。発表会の模様は、追ってレポートする。





URL
  ニュースリリース
  http://www.sbinvestment.co.jp/news/html/050324_a.html

関連記事
東京高裁、ニッポン放送の抗告を却下〜新株予約権の発行は中止(2005/03/23)
ライブドア、ニッポン放送の議決権50%突破報道について否定コメント(2005/03/17)
新株予約権発行差し止め仮処分、ニッポン放送の意義申し立ては却下(2005/03/16)
東京地裁、ニッポン放送の新株予約権発行を差止〜ライブドアは会見を生中継(2005/03/11)
フジテレビ、ニッポン放送株をTOBにより36.47%確保(2005/03/08)


( 工藤ひろえ )
2005/03/24 17:32

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.