Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

またしてもWinnyで診察記録が流出〜鳥取赤十字病院の元医師


 鳥取市の鳥取赤十字病院は1日、同病院に勤務していた男性医師(31歳)の個人用PCから小児科の患者約63名分の診療記録がインターネット上に流出したことを明らかにした。

 医師が自宅で使用していたPCが、P2Pファイル交換ソフト「Winny」の新種ウイルスに感染して個人情報が流出したとみられる。医師は2003年4月から勤務しており、研究資料として病院から診療記録を持ち帰っていた。なお、医師は2004年3月31日付けで退職したという。

 流出したのは、医師が診察した子供の診療記録63名分で、30日、匿名の通報によって判明した。流出したデータには、患者の氏名、生年月日、病名、検査結果、入退院履歴、処方箋などが含まれていた。データが流出した患者に対しては、個別に謝罪するという。

 同病院では、個人情報の院外への持ち出しについては、「口頭による注意を行なってきたが、自主規制に任せていた」としており、今後は「個人情報の持ち出しを原則として禁止する。やむを得ず持ち出すときには、届け出と承認を徹底する」としている。

 なおWinnyの新種ウイルスとしては、PCに保存されている情報を外部に流出するトロイの木馬型ウイルスが3月以後複数検出されている。


関連情報

URL
  鳥取赤十字病院
  http://www.tottori-med.jrc.or.jp/

関連記事
東京医科歯科大病院、Winnyで患者50名分の検査結果を流出(2005/03/29)
トレンドマイクロ、「仁義なきキンタマ」「欄検眼段」の検知・駆除に対応(2005/03/24)
Winnyでウイルス発生、個人情報流出の可能性も〜セキュリティベンダーも混乱(2005/03/23)


( 増田 覚 )
2005/04/01 18:46

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.