Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

RIAJ加盟企業、違法ファイル交換ユーザー5名に補償を求める交渉を開始


 国際レコード産業連盟(IFPI)は13日、ヨーロッパおよびアジアの11カ国で、違法ファイル交換ユーザー963名に対して法的措置が取られたことを明らかにした。963名の中には、日本レコード協会(RIAJ)が特定した44名も含まれる。なお、違法ファイル交換ユーザーに対する法的措置に踏み切ったのは、アジアでは日本が初めてだという。

 IFPIは、レコード業界の利害を代表する国際団体。世界76カ国に1,500以上の音楽プロデューサーや音楽企業を会員に持つとともに、48カ国に支部を持つ。RIAJは日本支部として活動している。

 IFPIでは、全米レコード協会(RIAA)が2003年9月から開始した違法ファイル交換ユーザーへの訴訟(総計9,900人以上)をきっかけに、世界各国のインターネット上における音楽の違法利用に対する訴訟を行なってきた。

 また、日本レコード協会(RIAJ)は同日、ISPへの身元開示請求によって判明した違法ファイル交換ソフトユーザー5名と同協会に加盟するレコード会社が、補償を求める交渉を行なっていることを発表した。

 RIAJでは、ファイル交換ソフトを利用して音楽ファイルを不正にアップロードしているユーザー44名の接続元となっているISPに対して、発信者情報の開示を求めていた。現在8名の詳細情報が判明しており、うち5名の利用者に対してRIAJ加盟会社が補償を求める交渉を開始した。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.ifpi.org/site-content/press/20050412.html

関連記事
違法ファイル交換、今後はユーザーを提訴する〜日本レコード協会(2005/03/31)
2004年の世界の音楽売上はほぼ横ばい、依然としてファイル共有の悪影響も(2005/03/23)
「2004年は合法音楽ダウンロード元年」国際レコード産業連盟が報告(2005/01/20)


( 増田 覚 )
2005/04/13 16:15

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.