Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Netscapeに不正なGIFファイルによる脆弱性〜Firefoxでは既に修正済み


 デンマークのSecuniaは26日、Webブラウザ「Netscape」に不正なGIFファイルによるバッファオーバーフローの脆弱性があることを公表した。同社では危険度は5段階中の上から2番目の“Highly critical”と評価している。

 この脆弱性は、不正なGIF画像によりバッファオーバーフローが引き起こされ、任意のコードを実行される危険性があるもの。同様の脆弱性はFirefoxとMozillaにも指摘されているが、それぞれ「Firefox 1.0.2」「Mozilla 1.7.6」で既に修正されている。

 脆弱性は、Netscapeの最新バージョン7.2および6.2.3で確認されており、他のバージョンにも脆弱性が存在する可能性があるとしている。Secuniaではこの問題への対応として、他のWebブラウザを利用することを推奨している。


関連情報

URL
  セキュリティ報告(Secunia、英文)
  http://secunia.com/advisories/15103/

関連記事
「Firefox 1.0.2」日本語版を含む各国語版が公開〜セキュリティ修正3件(2005/03/24)
Mozilla Japan、「Mozilla 1.7.6」日本語版を公開(2005/04/01)


( 三柳英樹 )
2005/04/27 19:58

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.