Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

価格.comへのアクセスは回復傾向に〜ネットレイティングス調査

「競合サイトに顧客が流れたとは考えにくい」

 ネットレイティングスは28日、2005年5月のインターネット利用動向調査の結果を公表した。不正アクセス事件で5月15日から24日夜までほぼ10日間にわたってサービスを停止していた「価格.com」の訪問者数は390万人で、4月の397万人をほぼ維持していたことがわかった。

 一方、月間ページビューについては1億2,255万3,000ページビューで、前月から約4割減少する結果となった。ページビューの大幅減少はサービス停止期間の影響によるもので、主要メニューが再開された24日以降はサービス停止前の水準に戻る傾向が見られたという。また、1日単位の訪問者数の推移では、サイトが閉鎖されていた15日に減少したのと、サービス停止が広く報道された16日に急増したのを除き、サービス停止期間中も通常時と変わらない水準を維持していた。

 なお、価格比較サイトとして価格.comに次いで月間訪問者が多い「ECナビ」と「ショッピングサーチ・アラジン」(ともに155万8,000人)においては、価格.comのサービス停止期間で若干の伸びが見られたものの、「先月でも同様の数値が記録されていることから、価格.comの顧客がこれらのサイトに流れたとは考えにくい」と分析している。

 ネットレイティングス代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏は「サービス再開直後に事件以前の水準に戻る兆しが伺えるのは、価格比較や商品評価情報に対するニーズと、価格.comの高いブランド力を示している。ただし、同サイトの人気コンテンツである『口コミ掲示板』の書き込み再開が6月下旬にずれ込んだため、1カ月以上にわたり新規投稿がなかったことの影響は、6月および7月のデータで検証する必要がある」とコメントしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(PDF)
  http://csp.netratings.co.jp/nnr/PDF/Newsrelease06282005_J.pdf

関連記事
価格.comが一時閉鎖、不正アクセスでトロイの木馬を仕込まれる(2005/05/16)
価格.comの一部サービスが再開、完全復旧に向け「順次再開」する予定(2005/05/24)
球団サイトの訪問者1位は阪神、観客動員と高い相関〜ネットレイティングス(2005/05/25)


( 増田 覚 )
2005/06/28 17:25

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.