Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

楽天がTBSの株式15.46%を取得、共同持株会社化による統合を提案


 楽天は13日、東京放送(TBS)の株式約15.46%を取得し、TBSに対して共同持株会社化を通じた統合の申し入れを行なったことを明らかにした。


TBSの発行済み株式のうち、約15.46%を楽天の子会社を通じて取得

楽天の三木谷社長(左)と国重惇史代表取締役副社長執行役員金融事業カンパニー社長
 楽天では、2004年からTBSとの間で非公式に事業面での協力に関する話し合いを行なっていたが、13日に正式に共同持株会社の設立を中心とした提案書を経営陣に提出した。提案書では、楽天とTBSによる共同持株会社を設立し、楽天とTBSはどちらもこの持株会社の子会社となる形での統合を提案している。

 また、統合に向けたTBSとの協議を開始するにあたって、10月12日現在でTBSの株式を合計2,938万株、発行済み株式の約15.46%を楽天の子会社を通じて取得しており、関東財務局に対して大量保有報告書を提出したことを明らかにした。

 会見を行なった楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長は、共同持株会社化の提案の目的を「メディアを取り巻く環境が激変する中、いかなる環境の変化にも対応できるよう、共同持株会社を通じて世界に通用するメディアグループを設立する」と説明した。


TBSブランドは、社会的・経済的に価値の高い資産

 三木谷氏は、テレビやラジオはメディアとして高い影響力を持つものの、デジタルビデオレコーダーの普及によりCMがスキップされる割合が高くなるなど、広告収入による将来の収益には圧迫要因があると説明。こうしたことから、楽天との統合により、インターネット広告とテレビ広告の連動による高付加価値化、TBSの既存コンテンツなどを利用したブロードバンド配信などのシナジー効果が見込めると語った。

 また、世界的にはTime WarnerやNews Corporationなどの巨大なメディアグループが誕生する中で、日本のテレビ局はこうしたグループに比べれば規模が小さいとして、楽天とTBSの統合により世界に通用するメディアグループを目指していきたいと展望を述べた。

 テレビ局としての公共性や中立性の確保については、プロ野球参入の時と同様に第三者機関による諮問委員会などを設置し、疑義や疑念を払拭したいとした。また、「東京放送」「TBS」というブランドは、社会的・経済的に価値の高い資産であるとして、こうしたブランドに悪影響を与えることなく、新会社が中立的かつ公正な立場からブランドを向上させていくことが重要であるとした。

 統合の楽天にとっての意義としては、マスメディアの圧倒的なパワーとの融合を図ることによりインターネットビジネスが強化できるとして、「ナンバーワンポータルへの布石」「ブロードバンドコンテンツの強化」「デジタルストリーミングの実現」「テレビショッピングとインターネットショッピングの融合」といった効果が期待できるとした。


ブロードバンド配信などでシナジー効果があるという TBSの映像コンテンツをテレビ放送だけでなく、楽天でも配信する

楽天にとってはナンバーワンポータルへの布石でもあるという 放送事業の公共性は維持する

株式取得についてTBS経営陣からは「先に言ってもらいたかった」との声も

 三木谷氏は13日にTBSの経営陣と面談し、100ページ程度の提案書を提出したという。TBSの経営陣からは「(株式を取得することは)先に言ってもらいたかった」という声もあったとのことだが、提案書や今後の協議については検討すると言われており、「いい返事がいただけることを願っている」と語った。

 株式の取得方法は通常の市場取引によるもので、取得に要した金額は総額で約880億円。取得時期については、「5%以上の株式を取得した場合には、5営業日以内に大量保有報告書を提出するルールとなっているので、それに従った」と語り、ごく最近にTBSの株式を大量に取得したことを認めた。

 質疑応答では、ライブドアとフジテレビによるニッポン放送の買収劇との類似を指摘する質問が多く寄せられたが、三木谷氏は「他社の話をできる立場にない」としてコメントを控えた。また、今後さらにTBS株を買い増すかどうかについては未定だとして、TBSに提案を拒否された場合にTOBなどを行なうかについても「現時点でそこまでは考えていない」とした。

 なお、TBSはプロ野球の横浜ベイスターズの親会社となっており、同一企業が複数の球団を経営することを禁じた野球協約に抵触するのではないかという点については、「共同持株会社化にあたっては、野球球団以外にも解決しなければならない問題が数多くあり、こうした問題を協議の中で解決していきたい」と語った。


関連情報

URL
  楽天
  http://www.rakuten.co.jp/
  東京放送(TBS)
  http://www.tbs.co.jp/

関連記事
フジテレビ、合意に基づいてライブドアへの資本参加を完了(2005/05/23)
「想定内の中でも良い方で決着できた」ライブドア堀江社長(2005/04/18)
ライブドア、フジテレビと合意〜ニッポン放送株をフジに譲渡、資本参加も(2005/04/18)
ライブドア、ニッポン放送の株式の35%を取得(2005/02/08)


( 三柳英樹 )
2005/10/13 20:39

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.