Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ACCS、Antinnyの感染者に再び注意喚起


 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は20日、同協会のサイトのURLにDDoS攻撃を仕掛けるウイルス「Antinny」に感染しているユーザーに対して再度注意喚起を行なうと発表した。

 ACCSでは2005年1月、Antinnyの感染マシンからのDDoS攻撃を避けるため、サイトのURLを「www.accsjp.or.jp」から「www2.accsjp.or.jp」に暫定的に変更。また、旧URLに対して過度のアクセスを継続しているユーザーに対してはISPを通じて注意喚起を行なっていた。しかし、約1年を経過しても旧URLへの攻撃は続いているという。AntinnyはACCSのサイトへの攻撃だけでなく情報流出の問題もあることから、感染ユーザーに対して再び注意を喚起することにした。

 注意喚起は、Telecom-ISAC Japanが支援し、Telecom-ISAC Japanの会員ISPの協力を得て行なう。Telecom-ISAC JapanはAntinnyの駆除を呼びかけるセキュリティ対策ポータルサイトも構築・運用するという。


関連情報

URL
  ACCSのニュースリリース
  http://www2.accsjp.or.jp/topics/release_antinny.html
  Telecom-ISAC Japanのニュースリリース
  https://www.telecom-isac.jp/news/news20060220.html

関連記事
Antinny感染マシンからの大量アクセスでACCSのWebサイトが閉鎖中(2004/05/07)
ACCSのWebを停止に追い込んだ700Mbpsを超えるDDoS攻撃の実態(2004/12/02)
「Antinny」によるDDoS攻撃に苦しむACCSのサイト、URL変更の暫定措置(2005/01/21)
ACCS、サイトにアクセスしたIPの記録を開始〜DDoS攻撃に注意を喚起(2005/02/28)
ACCSのサイトに「ようやく光明」、Antinny駆除でマイクロソフトに感謝状(2005/11/22)


( 永沢 茂 )
2006/02/21 12:00

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.