Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

米特許商標庁、Webベースの出願システムを稼働


 米特許商標庁は16日、Webベースの新たな出願システム「EFS-Web」の稼働を開始したと発表した。米国ではすでにオンラインでの出願システムは導入されているが、これまでのシステムは使い勝手が悪く、紙媒体での出願もまだまだ多かったという。新システムを使えば30分で出願が完了し、精度も上がっているとしている。

 新システムの導入に先立ちパイロット実験が行われた。この実験は、3M、法律事務所のFish & Richardson、メリーランド大学などを中心として80機関/200人の参加者を対象に行なわれたという。今回のシステム改善に伴い、既存のアプリケーションとの親和性も高くなった。例えば、PDFファイルをそのまま提出することも可能になったという。当然、電子決済も導入されている。

 出願後の手続きも電子化の度合いが進む。出願人は、Patent Application Information Retrieval(PAIR)と呼ばれるシステムを通じて、出願後の情報を手に入れることができる。

 なお、日本では1990年からオンライン出願システムを導入している。2005年にはインターネット出願も可能になり、現在では実質的には24時間出願できる状態となっている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.uspto.gov/web/offices/com/speeches/06-19.htm

関連記事
特許庁、インターネットによる出願受付を開始(2005/10/03)
インターネットで特許出願〜特許庁が全国各地で説明会(2005/01/31)


( Gana Hiyoshi )
2006/03/20 18:02

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.