Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Firefoxのシェアが約13%に増加〜一部地域では4割に迫る


 オランダOneStat.comは9日(現地時間)、Mozilla Firefoxが順調にシェアを伸ばし、2006年6月時点で全世界におけるブラウザシェアの12.93%を占めているという調査結果を発表した。

 調査によると、2006年7月発表のブラウザ市場でInternet Explorerは83.05%と、5月の調査から2.12ポイントシェアを落とした。反対に、Firefoxは1.14%増加している。そのほかのシェアでは、Safariは1.84%、Operaは1.00%だった。

 Internet ExplorerとFirefoxのシェアは、地域によって大きく異なる。例えば、米国ではInternet Explorerが86.23%と世界全体での調査結果を上回るシェアを挙げているが、ドイツではInternet Explorerのシェアはわずか55.99%で、Firefoxは39.02%と4割に迫る高いシェアを占めるに至っている。また、ドイツではOperaのシェアも2.78%と他地域を大幅に上回るシェアを占めている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(オランダOneStat社、英文)
  http://www.onestat.com/html/aboutus_pressbox44-mozilla-firefox-has-slightly-increased.html

関連記事
Firefoxのブラウザシェアは1割強で安定、オランダOneStat.com調査(2006/01/30)
Firefoxのブラウザシェアは12.61%、米Janco Associatesが調査結果発表(2006/01/23)
Firefoxの世界シェアが「1割を超えた」〜オランダOneStat.comの調査(2005/11/01)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2006/07/10 09:40

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.