Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

迷惑メールの増加傾向止まらず、MessageLabs調査


 いよいよ休暇シーズンが始まったが、この時期はメールのトラフィックが増加する時期でもあり、この傾向は迷惑メールでも同様であることが、MessageLabsの調査結果により明らかになった。

 同調査は、迷惑メール、ウイルス、フィッシングメールに関して毎月行なわれているもの。11月の調査よれば、迷惑メール率が74.0%と、前月比1.1%増で、2005年以来最高を記録した。MessageLabsの迷惑メール率は、実際の比率よりも低いものとなる調査方法を採用しているが、一定の傾向は反映するという。いずれにせよ、この2年間で最高レベルの迷惑メールが発信されていることになる。

 これに対して、ウイルスは137.5通につき1通で、前月比0.27%減。フィッシングメールは200通に1通で、前月比0.03%減だった。

 MessageLabsのレポートによれば、Microsoftはこのような迷惑メール撲滅に向けて法的手段をとっており、11月には欧州・中東地域において、MSNやHotmailのユーザー名やパスワードなどの情報を盗もうとした人に対して97件の訴訟を提起した。また、刑事告訴や告発も行なっており、トルコで50件、ドイツで28件、フランスで11件起訴されているという。さらに他の法的手段も行なわれており、アラブ首長国連邦、イタリア、モロッコ、オランダ、英国で措置が講じられているとしている。

 クリスマスシーズンの本番を迎える12月は、迷惑メールのほか、フィッシングメールも増加すると予測されており警戒が必要だ。


関連情報

URL
  調査結果(英文)
  http://www.messagelabs.com/publishedcontent/publish/...


関連記事
迷惑メールもウイルスも増殖を続ける〜英MessageLabs調査(2004/06/09)
迷惑メールの半数以上がフィッシング詐欺〜米MessageLabs調査結果(2006/10/03)


( Gana Hiyoshi )
2006/12/04 14:59

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.