Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

日本語化された偽セキュリティソフトの検出数が増加〜ウェブルート


 ウェブルート・ソフトウェアは5日、11月に日本で最も多く検出されたスパイウェアのランキングを発表した。アドウェアでは「System Doctor 2006」や「DriveCleaner」など、偽セキュリティソフトの日本語版が上位にランクインした。

 調査は、ウェブルートが無償提供しているスパイウェア検索ツール「Spy Audit」を利用して収集したデータをもとにしたもの。「アドウェア」「トロイの木馬」「システムモニタ」の3つのカテゴリに分類してランキングしている。

 アドウェアでは、1位「CnsMin」、2位「System Doctor 2006」、3位「GAIN」だった。CnsMinは、Internet Explorerのホームページや検索サイトなどの設定を乗っ取るアドウェア。一部で配布されている日本語検索ツールにライブラリが利用されているため、多く検知されているという。

 また、偽セキュリティソフトの日本語版も上位に入っている。System Doctor 2006は10月度の8位から2位にランクアップしているほか、ウェブルートが10月度のランキングで注意を促していた「DriveCleaner 2006」が6位に入っている。これらは、Web閲覧中に広告として偽のセキュリティ警告が表示され、それに従うとインストールされる。

 トロイの木馬では、1位「Trojan-Downloader-Zlob」、2位「Trojan Hachilem」、3位「Trojan-Downloader-Ruin」が10月度に続いて上位だった。ウェブルートによると、Trojan-Downloader-ZlobやTrojan Hachilemはアダルト系サイトで感染するため、そのようなサイトでソフトをインストールしないように注意を呼びかけている。

 ユーザーのキー入力や操作を監視するシステムモニタでは、1位「Sc-Keylog」、2位「Sword Keylogger」、3位「Skin98」だった。ウェブルートでは、「システムモニタは、システム管理者が監視のために正規に利用する場合もあるが、監視を知られないようにするため、存在を隠す機能がある。インストールをした覚えが無いシステムモニタが検知された場合は、注意が必要」としている。


関連情報

URL
  ウェブルート・ソフトウェア
  http://www.webroot.com/jp/

関連記事
新たな偽セキュリティソフトの日本語版がランクイン〜ウェブルート(2006/11/01)
トロイの木馬検出数、動画コーデック装う「Zlob」が最多〜ウェブルート(2006/10/04)


( 野津 誠 )
2006/12/05 16:48

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.