Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

SONY BMGのXCP入りCD問題、米国40州に425万ドル支払い和解


 米SONY BMGが音楽CDに脆弱性のあるコピー防止ソフトを採用していた問題で、同社は米国マサチューセッツ州など40州に対して425万ドルを支払うことで和解した。21日、マサチューセッツ州のTom Reilly司法長官が明らかにした。

 SONY BMGは2005年、「XCP」と「MediaMax Version 5」の2種類のコピー防止ソフトを採用した音楽CDを世界で1,200万枚以上出荷していた。同社は消費者に対して、これらのコピー防止ソフトが採用されていることを公表しなかったほか、2つのコピー防止ソフトは、インストールされると悪意のある第三者にPCが操作されるなどの脆弱性が指摘されていた。

 今回締結された合意の条件では、これらのコピー防止ソフトが原因でPCに損害が与えられた消費者に最大で175ドルを支払うことになっている。また、今後SONY BMGがXCPおよびMediaMaxを使用することを禁止するほか、同社がデジタル著作権管理(DRM)を採用する場合は、消費者に告知しなければならないとしている。


関連情報

URL
  マサチューセッツ州司法長官の発表文(英文)
  http://www.ago.state.ma.us/sp.cfm?pageid=986&id=1783

関連記事
XCP以外のコピー防止ソフトにも脆弱性、米SONY BMGが認める(2005/12/07)
SONY BMGが採用したコピー防止ソフト「MediaMax」の修正パッチにも脆弱性(2005/12/09)
SONY BMGの「XCP」入りCDを巡る集団訴訟で、和解が最終承認〜米地裁(2006/05/23)


( 増田 覚 )
2006/12/22 19:55

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.