Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ドイツでのFirefoxのシェアが3割に迫る、欧州での人気は堅調


 ドイツにおけるFirefoxのシェアが3割に迫り、欧州全体でも15%ほどのシェアを獲得していることが、ドイツのデジタルマーケティング会社ADTECHの最新調査結果により明らかになった。

 それによると、2007年2月のドイツにおけるFirefox全体のシェアは合計29.63%だった。また、欧州全体におけるFirefoxのシェアは14.34%だった。

 この傾向について、ADTECHのCEOであるDirk Freytag氏は「ドイツ人とフィンランド人がFirefoxへの愛を共有しているようだ。ドイツのWebサーファーの30%以上と、フィンランドのユーザーの28%が、このオープンソースブラウザでインターネットをナビゲートしている。それに対してデンマークでFirefoxでナビゲートしているユーザーは7%に満たない」と説明している。

 その一方で、Internet Explorer 7(IE7)が高い支持率を得ている。IE7は2006年秋に正式版がリリースされたばかりだが、既に欧州では4人に1人が利用している計算だ。この傾向はフランスと英国で特に強く、IE7のフランスにおけるシェアは31.92%、英国では29.62%にも上った。この影響で両国ではIE 6のシェアが大幅に減少している。

 こうした現状を分析した結果、IEがシェアを減らしている状況は否めないとADTECHでは分析。2004年の終わりに90%以上のシェアを持っていたにもかかわらず、現在では77%となり、8割を下回っているからだ。

 ちなみにSafariを含むApple Web Kitのシェアは英国で2.29%、イタリアで2.22%であり、欧州全体では1.63%だった。また、Opera 8のシェアはフィンランドで1.96%、ドイツで1.69%であり、欧州全体では0.85%だった。


関連情報

URL
  ニュースリリース(英文)
  http://www.adtech.info/en/pr-07-7.html

関連記事
Firefoxのシェアが約13%に増加〜一部地域では4割に迫る(2006/07/10)
ドイツでは約3分の1がIE以外のブラウザを使用〜WebSideStory調査(2006/07/20)


( 青木大我 taiga@scientist.com )
2007/03/22 12:18

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.