Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

ブログで使われている言語、日本語が英語を抜いて最多に


 2006年第4四半期にブログで最も使われていた言語は日本語で、世界中のブログ記事の37%を占めていることがわかった。米TechnoratiでCEOを務めるDavid Sirfy氏が5日、自身のブログで明らかにした。

 この結果は、同社が定期的にとりまとめているブログの動向調査をもとにしたもの。それによれば、世界中で作成されたブログ記事のうち、37%は日本語で書かれたもので、2位の英語(36%)をわずかに上回ったという。3位以下は、中国語の8%、イタリア語の3%と続いている。なお、前四半期では英語が39%でトップ、日本語は33%で2位だった。

 1日の時間帯別(1時間毎)の各言語のブログ投稿数も公表している。世界各国で使われている英語の投稿数は、1日を通じて200万件前後で推移する時間帯が多い。一方、日本語は協定世界時ベースで12〜15時台(日本標準時では21〜24時台)など夜間の時間帯で300万件を超えたほか、17〜23時台(同2〜8時台)以外の時間帯では150万件を上回るなど、日中の投稿も多かった。Technoratiでは、日本語や中国語など使用される地域が限られる言語の投稿数が多い理由について、「仕事中にブログを投稿する人が多いのではないか」と分析している。

 また、Technoratiが記録しているブログの総数は、2007年3月時点で7,000万件を超えたという。世界では毎日12万件のブログが誕生しており、1秒間に1.4件の新しいブログが作られているという計算となる。スパムブログについては、2006年以降では毎日3,000〜7,000件のブログが作成されているが、ホリデーシーズンにあたる2006年12月では毎日1万1,000件のスパムブログが登場し、月間では34万1,000件に上ったという。


2006年第4四半期における言語別のブログ投稿数 1時間毎の言語別ブログ投稿数

関連情報

URL
  Technoratiブログ調査(英文)
  http://technorati.com/weblog/2007/04/328.html

関連記事
ブログ記事の31%は日本語、日本では夜の投稿が多い〜米Technorati(2006/08/08)
人気ブログの特徴とは? Technoratiが投稿率などから分析(2006/11/07)


( 増田 覚 )
2007/04/06 15:52

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.