Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

約半数のユーザーがSNSに満足。「読み逃げ」への不満も〜gooリサーチ


SNSの不満な点

今後求められるSNSの機能
 NTTレゾナントと三菱総合研究所が共同で提供する「gooリサーチ」は16日、SNSの利用実態について調査した「ソーシャルネットワーキングサービス利用実態」の調査結果を公表した。

 「ソーシャルネットワーキングサービス利用実態」は、gooリサーチが実施した非公開型インターネットアンケートによって調査されたもの。実施期間は2006年12月26日から29日までで、有効回答数は2,186件。男女比は、男性が52.6%、女性が47.4%で、年齢別では50歳代が20.1%が最も多く、以下20歳代が19.9%、30歳代が17.9%、40歳代が17.5%、19歳以下が17.3%と続く。

 調査結果のうち、SNSの利用状況については「複数のサイトに登録し利用している」が8.2%、「1つのサイトに登録し利用している」が20.6%となり、約3割のユーザーがSNSを利用している。SNS利用者への調査では、SNSの利用頻度については、「ほぼ毎日」が45.9%と約過半数を占め、「週2〜3日」が15.1%、「週4〜5日」が14.6%、「週1日」が11.8%と続いている。SNSを利用する端末では、PCが91.6%を占めている。

 SNSの利用目的では、48.3%のユーザーが「個人の日記を書く」と回答。このほか、「コミュニティの掲示板に書き込みをする」が17.3%となっている一方で、「特になし」と回答したユーザーも19.1%を占めている。SNSの機能への満足度については、「大いに満足している」が5.7%、「満足している」が46.8%、「どちらともいえない」が41.4%となり、過半数のユーザーが満足を示した。

 SNSの満足している機能については、「コミュニティに参加できる」が61.6%と最も多く、以下「日記を公開できる」が57.1%、「SNSを経由して友人を拡大できる」が52.3%となっている。一方で、SNSの不満な点については44.7%のユーザーが「日記コメント等に記入しなければならないという気持ちになる」と回答し、いわゆる「読み逃げ」に対して抵抗感を持つユーザーが多く見られた。

 今後求めるSNSの機能では、「家族、友人、同僚等きめ細かいアクセス制限ができる機能」が33.7%と最も多く、以下「音声や映像での投稿ができる機能」が22.1%、「本人確認を実施する信頼できるSNS」が21.1%と続いている。


関連情報

URL
  ソーシャルネットワーキングサービス利用実態
  http://research.goo.ne.jp/Result/000461/

関連記事
マイボイスコム調査、SNSの利用割合と認知度が1年で3倍に増加(2006/12/14)
SNSで知り合った人と会ったことがある23.4%、インターワイヤード調査(2007/02/20)


( 大久保有規彦 )
2007/04/16 17:51

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.