記事検索
バックナンバー

Webブラウザから無料でFAX送信!
41カ国に送信可能な「MyFax Free」


こんなところが便利!

 1日2通、最大10MBまたは10ページという制約はあるものの、インターネットが利用できる環境なら、面倒な会員登録も不要で、FAXが無料で送信できる。無料送信が可能な相手国は41カ国。対応するファイルはMicrosoftのWord形式のほか、約180種類をサポート。カバーシートも自動的に付加される。


■MyFax Free
  作者:Protus IP Solutions.
  http://www.myfax.com/free/



会員登録不要かつ無料でFAXが送信できる

 「このファイルを直接FAXで送信できたら便利なのに」と思ったことはないだろうか。今回は、そんなときに役立つサービスをご紹介しよう。ただし、時間的に即時送信でなかったり、本文以外のカバーシート部分などで日本語が化けたりという問題もあるので、そのあたりを踏まえた上で利用されるとよいだろう。

無料でFAX送信が可能な「MyFax Free」。送信はこの画面だけで行う。受信はできない

 インターネットにつながる場所なら、どこからでもWebブラウザからFAXを送信できるサービス「MyFax Free」である。もともとWebや電子メールをウェブを使ってFAXが送受信できる有料サービス「MyFax」を提供しているProtus社が、2009年3月16日に新たなサービスとして提供を開始したもので、有償の「MyFax」に対し「MyFax Free」は無料なうえに会員登録も不要で、ファイルを直接指定できるので印刷する必要もないという特徴を持つ。

 対応しているファイルタイプは約180種類で、(PDF資料参照:http://www.myfax.com/collaterals/UserGuide_Supported_File_Formats.pdf)送信できる国は41カ国におよぶ。送信時にはカバーシートが1枚自動的に付加されるという気の利きようだ。

日本語のテキストでも問題なく送信可能

 送信方法は簡単だ。「MyFax Free」にアクセスしたら、画面の順番に従って受取人の名前、会社名、国名、FAX番号を指定し、差出人の名前、会社名、メールアドレスを入力し、送りたいファイルを選択すればよい。テキストメッセージはカバーシートに挿入されるので、挨拶文などに使うといいだろう。無料FAXを紹介したい人のメールアドレスを指定できるボックスがあるが、とりあえず送信には差し支えないので入力の必要はない。

 必要事項を入力したら、あとは[SEND FAX]ボタンをクリックする。指定したメールアドレスに送信の通知が届くので、本文中のURLをクリックすれば送信手続きは完了となる。無事送信が完了するとメールが届く仕組みとなっている。

 1日2通までという制限はあるが、1回に送信できるドキュメントの量は最大10ページ、ファイルサイズにして10MBまでというなかなかのボリュームだ。印刷代わりに送信しておいて、帰社もしくは帰宅してからの印刷の手間を省くという使い方もいいかもしれない。

 日本語が書かれたテキストファイルを使って自宅宛に送信してみたところ、無事受信することができた。しかし送信したFAXが届いたのは、なんと送信手続きをしてから約6時間後であった。たまたまかもしれないが、遅延する可能性もふまえたほうがよさそうだ。本文は問題なかったが、差出人、宛先、メッセージには日本語が反映されないので注意しよう。

[SEND FAX]ボタンを押すと、このようなメールが届く。URLをクリックして送信完了となる 届いたFAX。カバーシートの「?」マークは文字化けしている部分。FAX本文の日本語は問題ないが、その他の部分で日本語は使えないようだ 受信後、送信が成功したというメールが届く

関連情報

2009/6/17 11:00


すずまり
大学卒業後、システム開発会社→ISPの営業企画→フリーのWebデザイナー→フリーのライター、とどんどん脱線。オンラ インサービスからソフトウェア、ハードウェアまでIT関連のレビューを中心に活動中。趣味は写真。キックボクシングのリングサイド撮影が講じて、現在は目 黒の某ジムの練習生に。現在の目標はミドルキックの上達とくびれの復活。
INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.