記事検索

「ジャパネットおかま」運営者に損害賠償請求、MSなど3社が


 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は19日、ホームページなどを通じてPC用海賊版ソフトを販売していた男性に対して、マイクロソフトとジャストシステム、オートデスクの3社が、損害賠償を求める通知を10月30日付けで送付したことを明らかにした。損害賠償金額は非公表。

 男性は他の共犯者2人とともに2007年1月ごろから、「エムズナルド」や「ジャパネットおかま」などと名付けた複数の自作ホームページなどを悪用して、2008年6月に逮捕されるまでにPC用海賊版ソフト3万枚以上を販売。同年11月には、山形地裁が主犯の男性に対して実刑判決を言い渡していた。

 男性と共犯者は、マイクロソフトの「Microsoft Windows XP Professional SP-2対応版」を1206本、「Microsoft Windows Vista Ultimate 日本語版」を1677本、「Microsoft Office Professional 2003」を455本、ジャストシステムの「一太郎 2008」を86本、オートデスクの「AutoCAD2008」を236本を無許諾で複製して販売していた。

 これらの海賊版販売行為について山形地裁は2008年11月、「組織性の著しく高い、職業的、営業的、常習的犯行であってその犯行態様は著しく悪質である」として、主犯の男性に懲役2年および罰金500万円の実刑判決を言い渡していたが、今回3社は判決で確定した被害事実に基づいて、男性に対して損害賠償を請求したという。


関連情報

(増田 覚)

2009/11/20 13:56

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.