記事検索

ヤフーのiPhone向け地図アプリに、音声入力やARルート案内機能、OSM対応も


 ヤフー株式会社は、iPhone向け地図アプリ「地図 Yahoo!ロコ」をバージョンアップした。iPhone/iPod touch/iPad(iOS 4.3以降)に対応しており、App Storeから無料でダウンロードできる。バージョンは「2.0.0」で、更新は3月29日付となっている。

 同社「地図スタッフブログ」の4月3日付記事で改良点や新機能、使い方を紹介している。まず、画面デザインを一新し、必要最小限のメニューを残し、できるだけ地図の表示を大きくとるようにしたという。また、ユーザーからの投稿で地図を作成する世界的なプロジェクト「OpenStreetMap(OSM)」の地図にも対応した。このほか、地図を長押しすることで、その場所の住所に加えて、施設名称や道路名も表示するようにした。

地図 Yahoo!ロコ(ヤフー「地図スタッフブログ」より画像転載) OpenStreetMapの地図(ヤフー「地図スタッフブログ」より画像転載)

 地図や周辺スポット、ルートの検索では音声入力に対応。例えば「渋谷 カフェ」などとiPhoneに話しかけることで検索できる。検索したスポットまでの現在地からのルートも簡単に検索可能だ。徒歩や自動車だけでなく、徒歩と電車やバスなどの公共交通を絡めたルートも表示できるようになったとしている。

現在地からスポットまでのルート検索(ヤフー「地図スタッフブログ」より画像転載) 検索したルートの地図表示(ヤフー「地図スタッフブログ」より画像転載)

 さらに徒歩のみ・自動車のみのルート検索結果は「ARルート案内機能」にも対応した。iPhoneのカメラで撮影している実際の風景の画面に、進行方向の矢印を重ねて表示してナビゲートする。

ARルート案内機能

 なお、地図 Yahoo!ロコはAndroid版も公開されており、すでに音声入力やARルート案内に対応していた。また、OpenStreetMapの地図については、ウェブ版の「Yahoo!ロコ」でも3月29日より対応している。


関連情報


(永沢 茂)

2012/4/4 13:23