Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

WinMXによる著作権侵害で示談金を要求〜エイベックスなどを騙る電話詐欺


 日本音楽著作権協会(JASRAC)は27日、エイベックスや音楽著作権協会の名を騙って、WinMXによる著作権侵害の示談金を要求する電話詐欺が確認されたと発表した。JASRACでは、違法音楽ファイルの交換について警告や法的措置を講じることはあるが、電話によって示談を申し入れることはないとして、騙されないように注意を呼びかけている。

 偽電話は、「音楽著作権協会のフクヤマ」および「エイベックスのヨシダ」と名乗る人物からのもので、「WinMX使用に伴う著作権侵害の示談のため、現金を支払え」と申し入れてきたという。ただし、JASRACに「フクヤマ」という職員はおらず、いずれもJASRACやエイベックスとは一切関係がないとしている。現在のところ、JASRACに寄せられた報告は2件のみで被害も発生していないが、実際にはさらに多くの電話詐欺が発生していることも考えられる。

 音楽権利者を装って金銭を要求する詐欺行為について、JASRACが注意を促す告知を行なうのは今回で4回目。JASRACが把握している限りでは今のところ、実際に金銭を支払ってしまったのは1人のみで、それほど大きな被害には発展していないのではないかとしている。


関連情報

URL
  日本音楽著作権協会
  http://www.jasrac.or.jp/

関連記事
ファイル交換ソフトのユーザーにJASRACの名を騙る架空請求(2004/02/27)
「Winnyを使用しているので50万円支払え」JASRACが架空請求に注意を呼び掛け(2004/04/06)
JASRAC、ファイル交換ソフトの調査を装った電話に注意を呼びかけ(2004/12/22)


( 永沢 茂 )
2005/01/27 19:52

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.