Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

Gmailの完成度が着々と向上「多くのユーザーに試してもらいたい」


 画像管理ソフト「Picasa2」との連携や、“インバイト(招待状)”の割り当て数増加など「Gmail」の機能が着々と強化されている。

 2004年4月にベータサービスの提供をスタートしたGmail。1GBという当時最大級の容量で話題をさらったが、「当初は、アドレス帳が実装されていなかったり、メールの下書きが保存できないなど不便な部分もあった」(グーグル)。Gmailでは“招待制”によってユーザーの数を制限しながら、サービスの完成度を上げる方針とっており、「現在では多くの面で機能強化を果たした。1年前のサービス開始当初に比べて、安心して利用できるのではないか」と自信を見せた。

 実際、メールサービスとしての基本的な機能は徐々に改善され、2005年に入ってからは画像管理ソフト「Picasa2」との連携などの独自機能も追加。Internet Explorer 6.0以外のブラウザにも対応し、MozillaやSafariに加え、IE 5.5など古いブラウザもサポートした。Gmailユーザーが知人を招待できる“インバイト(招待状)”の割り当て数も50件に増加している。

 インバイト数が3件や6件のころは、招待すると数日間はインバイトが補充されなかったが、50件に増加した今では、招待してもすぐに補充されるようになった。グーグルでは、「まだベータ版ということもあり、招待制のGmailを完全にオープン化するというわけではないが、できるだけ多くのユーザーに利用してもらいたい」とコメントしている。


関連情報

URL
  Gmail
  http://gmail.google.com/

関連記事
米Google、Gmailの招待状を初めて直接送付〜正式公開に向けた動きか?(2005/02/21)
「Gmail」で“招待状”の割り当て数が一気に50件に増えた謎(2005/02/10)
米Googleが画像管理ソフト「Picasa2」を発表〜P2Pソフトで画像の共有も(2005/01/19)


( 鷹木 創 )
2005/02/28 13:13

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.