Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

楽天三木谷社長、ポイントキャンペーン騒動で謝罪〜損失額は5,000万円


決算説明会に参加した三木谷浩史社長
 16日に開催された楽天の決算説明会で三木谷浩史社長は、2005年12月から実施していたキャンペーン「楽天ブックスポイントプレゼント」に関する騒動について謝罪した。

 同キャンペーンでは、AOLやasahi.comなどのユーザーである楽天会員を対象に、キャンペーンサイトにアクセスすることで「楽天スーパーポイント」(1ポイントが1円に相当)を無償で付与していた。しかし、「キャンペーンの趣旨とは異なった利用が多数見られた」ことから、キャンペーン参加者に付与したポイントを一旦取り消したほか、同社が正規ポイント獲得者と認めないユーザーについては会員アカウントを抹消するなどして、ユーザーの間で混乱が生じた。

 この騒動について三木谷社長は、「我々の不手際で迷惑をかけたことを素直にお詫びしたい」と謝罪。収益的には5,000万円の損失が生じたことを明らかにした。なお、抹消されたポイントを利用してすでに商品を購入済みのユーザーについては、現時点では請求を行なっていないが、「請求の有無は検討中」(同社広報)としている。


関連情報

URL
  楽天
  http://www.rakuten.co.jp/

関連記事
楽天、取り消したキャンペーンポイントの返還措置を完了(2006/01/19)
楽天、ポイント騒動のお詫びで一部ユーザーに300ポイント付与(2006/01/19)
楽天、ポイントキャンペーンの混乱受けFAQページ公開(2006/01/13)
楽天、キャンペーンポイントの大量獲得者への代金請求は「検討中」(2006/01/10)
楽天、キャンペーンで付与したポイントを一旦取り消す(2006/01/10)


( 増田 覚 )
2006/02/16 17:56

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.