記事検索

MS、Windows 7の不正コピー対策プログラムの自動配信を開始


「Windows Activation Technology」について

 マイクロソフトは15日、Windows 7における不正コピー検出の取り組みを強化する一環として、対策用プログラム「Windows Activation Technology Update(WAT Update)」の自動配信を開始した。同プログラムの配布自体は、2月中旬より開始している。

 マイクロソフトでは、従来よりWindows製品のインストールから30日以内に「ライセンス認証」の手続きをユーザーに求めている。今回、Windows 7向けに自動配信を開始した「WAT Update」では、従来の「Windows Genuine Advantage」を強化して、アクティベーション処理と不正ライセンスを検出する仕組みを採用した。

 「WAT Update」には、マイクロソフトがWindows 7の提供開始以降に検知した70種類以上のアクティベーション迂回コードおよびその危険性があるコードのデータベースを、インストールしたPC上に保存。問題のあるコードを検出した場合には、同コードを取り除くことで、正しくアクティベーションがされたかどうかを確認できるようになるとしている。「WAT Update」ではまた、90日ごとに定期的に更新プログラムも通知する。

 その上で、非正規ライセンスでの利用が確認された場合には、該当ユーザーに対して正規ライセンスの入手方法を通知するなどの認証プロセスが実施される。なお、「WAT Update」を通じてユーザーのPCから取得する情報には、個人を特定する情報は一切含まれていないとしている。また、Windows 7以外のOSに関しては、従来と同じ認証プログラムが引き続き提供される。

 15日に開催した発表会で、マイクロソフトの中川哲コマーシャルWindows本部長は「アクティベーション迂回コード」に対する危険性を説明。単にアクティベーションを迂回するだけではなく、「検索時に入力した検索キーワードのデータが特定サイトに送信される」ケースや「ウイルスが同梱されている」ケースがあると指摘。また、ライセンス違反のWindows 7をプリインストールして販売しようとする“悪徳再生PC販売業者”が出るケースがあるとし、「WAT Updateによって、ユーザーは正規のWindows 7を使用しているかを確認できるようになる」と説明した。


アクティベーション迂回コードの危険性について 偽造ソフトウェア等の被害を防ぐための情報サイトも開設している

関連情報


(村松 健至)

2010/3/15 14:33